ゲーム好き主婦のひとりごと

気の向くままに、思い付くままに書いた独りよがりブログ

ドライバーをしていた頃の話

f:id:ooinunohuguri:20180722120003j:plain

 

主人と結婚する前、シングルマザーで昼も夜も働いて

いたのですが・・・

 

夜はコンビニで働きました。10年間そんな生活を

していたのですが、昼間の仕事の5年間はドライバーを

していました。

 

乗っていたのは軽自動車です。

主な仕事は本の返品、つまり返本です。荷物を受け取る側にしたら

あまり歓迎されません。

 

でもまぁ、出版社にしたら色々な理由で本が帰って来るのは

当たり前の話で・・・

 

本の種類は専門書や教科書です。どんな所に行っていたかと言うと、

皆さんが知ってる所では、朝日新聞の本社も行っていました。

 

築地市場の道路を挟んだ反対側にあります。出版関係は地下に

ありました。

 

あとは大学関係ですね。

 

行った事あるのは、早稲田、慶応、法政、玉川大学

出版局です。

 

学習院大学は中に本屋さんがあるのですが、行ったのが一度だけ

だったのですが、良く覚えています。

 

門の入り口で守衛の方に聞いて中に入って行くと、テニスコート

見えて来て、お嬢様、お坊ちゃま方がテニスをなさっています。

 

すれ違う学生さんたちの、なんと品があること、と言ったら・・・

別世界の人達ですね。

 

さすが、皇族の方々が通う学校って感じです。

 

慶応の学生さん達も、お嬢様、お坊ちゃまの雰囲気なのですが、

こちらは、服装とかも都会的な感じですね。

 

一方、早稲田の学生さんは、一般庶民という感じです。早稲田のOB

及び学生の皆様、正直者と思って許してください。(笑)

あくまで、私の印象なので・・・

 

後は割と小さな出版社が多かったですね。

一番多かったのが、やはり、本の街、神田神保町です。

 

はじめて行った時は、とまどいました。

地図を見て、どんなに探しても出版社が見つかりません。

 

近くの本屋さんに入って聞きました。

靖国通りを挟んで番地が奇数と偶数に分かれていると言うのです。

 

戦後の区画整理の時に、そうなったようなです。

分からないはずです。そんな話聞いた事ありません。

日本中でここだけだと思います。

 

神田近辺を日に30社くらい回っていましたが慣れると、時間が余って

自分の会社の近くの公園でたまに、昼寝してました(笑)

 

出版社は神田近辺や文京区が多かったですね。人間関係に関しては

楽でした。だって、昼間はいつも一人だから・・・

そんなCM、今放映していますね(笑)

 

いつも、昼寝ができる環境なら良いのですが、これは、まれです。

本の仕事がない時は飲料水やお酒を運んでいました。

 

これは重いです。女の人はだいたい腰を悪くして辞めます。

 

私も昼夜働いていた事もあり、酷い胃と十二指腸炎になり、

両方を長く休まなくてはいけなくなった事を機に運送会社は

辞めました。

 

働いてお金を得ることは大変なことです。

 

そんな事は十分、分かっているのにお金は小道具(昨日の記事)

とか言ってる私っていったい・・・(笑)

 

     ゲームずき好き主婦は

 

             昔ドライバーでした・・・

 

f:id:ooinunohuguri:20180722120431j:plain