ゲーム好き主婦のひとりごと

気の向くままに、思い付くままに書いた独りよがりブログ

アニメ リライフ 事件と誤解

f:id:ooinunohuguri:20180923102128j:plain

夕暮れ時、日に日に短くなる日照時間に

秋の日は釣瓶(つるべ)落としだなぁと思う、今日この頃の私です。

 

リライフ研究所の若返りの薬を飲み、高校生3年生を1年間やる事に

なった新(あらた)です。

 

見た目は高校生だが中身は27歳なので、

体力測定では散々な結果になる。

 

張り切って走るけど、体がついて行かないお父さん並みで、

50メートル走では転びます。

 

ボール投げでは肩が回らず、記録は1メートルと散々である。

 

女の子たちをついつい、いやらし目で見るオッサンさんである。

 

お金を忘れたクラスメイトの千鶴(ちづる)にお金を貸す事から、

親しくなり、携帯番号を交換してほしいと言われ、

友達になってとも言われる。

 

クラスメイトの小野屋杏(おのや あん)とは転校生同士仲良くなったり、新はコミュニケーション能力は高いようです。

 

リライフ生活1か月、事件が起きる・・・

 

新の隣の席の狩生玲奈(かりう れな)が千鶴の鞄を持っているのを

不信に思い、理由を玲奈に聞こうとして、

もみ合いになり階段からおちるふたり。

 

保健室で気が付いた二人は話をする・・・

 

玲奈は千鶴を困らせようとしたと言う。

理由は頑張っても勉強で勝てないから、

嫌がらせをしたくなったのだ。

 

新は嫌がらせをする事は、頑張る事を諦めた負け犬だと言う。

 

今まで積み重ねてきた努力や信頼を、

自分で踏みにじる行為だとも言います。

 

新は頑張る玲奈を見てきたので、悲しいと・・・

 

頑張っても結果が出ないと泣く玲奈・・・

 

周りと比べると結果が見えにくい、人と比べた事だけが

結果じゃない、玲奈は頑張れてたと、さとす新・・・

 

千鶴は玲奈に自分のカバンを持っていた理由を聞くと新に言う。

取られたとしか思えないと千鶴は言います。

 

想像力のない千鶴は玲奈が嫌がらせをしようとした事を

嫉妬とか悔しさからだと言うが理解できず、玲奈に直接聞くと・・・

 

千鶴は小さい時から人との接触が無く、

人の気持ちが理解できません。

 

人づきあいをしてこなかったせいだと自覚して、

良くしたいと思っている。友達を作ろうとしています。

 

玲奈は千鶴が自分をばかにして笑っていると言うが、

それは単に千鶴の愛想笑いが下手な事からきている誤解で、

友達になりたい一心だったと聞く。

 

玲奈は不器用な千鶴をおかしく思い笑ってしまう・・・

 

そして、千鶴は友達になって欲しいと玲奈に言う、

今回の事は許すとも・・・高校生なのになんと、心が広い!

 

そして、二人は握手をし、友達になります。

 

人を許すと言う事くらい、難しい事はないと心が狭く、

器の小さい私は常々思っています。

 

先ず、相手の立場に立って物事を考えてみる。

 

それでも、許せないときは・・・その時は許せなくても時間を置いて

同じ事を相手の立場で考える・・・

 

これを何回か繰り返すうちに、時間と共に相手を許す気持ちが、

少しづつ出てきて、許そう、許せるとなる。気がします。

 

いつまでも、人を許せないでいると、

自分が辛くて苦しい思いをする。

 

自分の心の中をいかに悩みを少なくし快適な状態にするかが、

病まない秘訣ではないかと思いますが、何せ私は心が狭い。(笑)

 

玲奈は2年生の時、

クラスメートの大神(おおがみ)と一緒にクラス委員をして、

大神を好きになっているのを新は気が付いています。

 

今年、里奈は委員には、なれませんでした。

千鶴と大神が委員になり、嫌がらせはそこからきています。

 

新は周りをよく見ている。そして、色々な事に気づき、

人の気持ちが良く分かり、人の為に行動できる・・・

 

素晴らしい事です。人として、一番大事なものを新は持っています。

 

いつの間にか、

新の頭の中はクラスメイトの事で一杯になっています。

いい学生生活を送ってほしいと願っているのです。

 

少しづつ変わっていく新、そして、

人間関係が絡みあっていきます。

 

続きは次回と言う事で・・・今日はこの辺で失礼します。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

        ゲー好き主婦の

 

             ひとりごとでした・・・

 

 

 

 

f:id:ooinunohuguri:20180923092328j:plain