ゲーム好き主婦のひとりごと

気の向くままに、思い付くままに書いた独りよがりブログ

いまさら貴乃花?

 

f:id:ooinunohuguri:20181005195224j:plain

昨日書いた記事を読み返してみると、3か所も間違えていて、

恥ずかし~いと思った今日この頃の私です。

 

初めに・・・この記事は私の憶測や想像で書いています。

ご理解の程よろしくお願いいたします。

 

貴乃花の話もひと段落した感じです。

奥さんと離婚するのではないかという週刊誌ネタ的な話も

出てますけど・・・

 

もし、周りの人達が言うように、誰にも相談しないで、奥さんにさえ

相談しないで、色々な事を決めていたとしたら・・・

特に奥さんは寂しいですよねぇ。

 

現役時代、私は特に貴乃花ファンという事はなく、どちらかと言うと

愛そうの良いお兄ちゃんの方が好きでしたけど・・・

 

私の母が相撲が好きだった為、子供の頃は良く見ていました。

今は好きと言うか、気になると言うかそんな感じです。

 

今回の事は全て権力争いから来ている事だと思っています。

貴乃花潰しではないかと・・・

 

北の湖理事長が思ったより早く亡くなった事で、貴乃花の地位を

相撲協会の中で作り上げる前に亡くなってしまったのが、

今回の残念な結果になってしまったのではないでしょうか?

 

北の湖理事長はゆくゆくは、貴乃花に理事長をさせたかったと

聞いています。貴乃花がまだ若いので、色々な事を

教えたかったのでは?貴乃花には運が無かった・・・

 

日馬富士の事件での貴乃花の対応は間違ってなかったと思います。

傷害事件なので、警察に相談するのは普通の話です。

一般人の考え方としては・・・

 

理事長選に出たのは無投票選挙にしたく無かったのでしょう?

総裁選の石破氏と同じで、男気のある行為だと思います。

 

初めから負けると分かっている喧嘩でも、やらなきゃいけない時も

あります。男の気持ちとして。

 

ただ、不器用過ぎます。要領よく立ち回れ無いのでしょう。

でも、そういう人、応援したくなるんですよね。私って・・・

 

二所ノ関一門をまとめられない、貴乃花一門もまとめられない、

これでは、相撲協会をまとめる事など出来るはずがありません。

 

人の上に立って指揮する能力があったかどうか、あるのかどうか、

私には分かりません。

 

名選手は名監督にはなれないと言いますが、

横綱は名親方にはなったと思います。

 

協会の改革はできなかったけれど、良い関取を育てる事は

できたはずです。そこに専念してもらいたかったですね。

 

自分の信念を貫き通す為に何もかも捨てる行為はやはり、

周りの人の事を考えない、自己満足としか言いようがありません。

 

でも、私そういう生き方嫌いじゃありません。

実は皆そうしたい気持ちはあるけど、出来ないのです。

貴ノ花の不器用な生き方、これからも応援します。

 

貴乃花はお母さんとお兄ちゃんに父親が亡くなった後、

会ってないようです。

それより、以前から家族との中が悪い話がありました。

 

整体師に洗脳されているとか・・・

貴乃花がそういう風に、心が頑なになった原因、

私、前から気になってる事があります。

 

貴乃花宮沢りえさんと婚約した事がありました。

今でも、思い出すと微笑ましく思います。

二人が手を繋いで、記者会見会場に出てきた時の幸せそうな顔・・・

輝いてました。

 

でもその後、突然の婚約破棄のニュース・・・

りえママと女将さんが仲が悪いと言う噂があり、そのせいだと・・・

 

週刊誌ネタだと思います。他にも色々あるのでしょう。

貴乃花の婚約破棄会見も納得のいかないものでした。

 

その後の宮沢りえさんは激ヤセして痛々しい限りでした。

傷心の傷の深さが伺い知れました。

貴乃花の頑な態度もこの頃からだったような気がします。

 

この事で貴乃花は、家族に対して不信感や恨みを

持ったのかも知れないと憶測しています。

 

食べ物の恨みは怖いと言いますが、

恋の恨みはモット怖いかも・・・

 

それは両方とも人としての根源に関わる重要なことだからです。

今日は私の記事としては少し、長文になってしまいました。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

        ゲームずき好き主婦の

 

              ひとりごとでした・・・

 

 

 

  

 

 

f:id:ooinunohuguri:20181006102009j:plain