ゲーム好き主婦のひとりごと

気の向くままに、思い付くままに書いた独りよがりブログ

アニメ リライフ 友情の亀裂

f:id:ooinunohuguri:20181008153435j:plain

 10月なのに、名残惜しそうにまだ咲いているサルスベリの花が

愛おしく、切って空き瓶にさした今日この頃の私です。

 

今回は地味な友情話なので・・・

 

私のテンションもイマイチ上がら無くて、とばすというと言う選択も

あったのですが、登場人物の関係性があるのでそうもいきません。

 

退屈かも知れませんが、ジミに読んでもらえたら、嬉しく思います。

 

リライフとはニートを社会復帰させるためのプログラムです。

新はリライフ研究所の被験者に選ばれ、若返る薬を飲みます。

 

若返って高校3年を一年間やれば、生活と就職先の保障をすると

言う事につられて、契約書にサインをします。

 

今回は友情の話です。新の隣の席の玲奈はバレーボール部です。

同じ部のクラスは違いますが、ほのかと友達です。

 

追試で毎日遅くまで勉強していた、ほのかが練習中に倒れて

転がしたボールで、玲奈が転び捻挫します。

 

全治2週間という診断がでました。

高校生活最後の試合に間に合うかどうかという感じです。

 

ほのかは玲奈に私の不注意でごめんなさいと謝ります。

 

玲奈は『ほのかならよけられた。私の不注意よ。』と言います。

ほのか『2週間あれば大会の間に合うよね。』

 

玲奈は、ほのかにバレーボールで勝てない事に

劣等感を持っています。

 

『無理よ!絶対無理!』

『私は天才じゃないの!努力して努力してやっとなの!』

『ほのか一人いれば勝てちゃうんだから、チームには何の影響もないじゃん!』

 

玲奈は試合間近になって捻挫したことも、試合に出られないかも

知れないことも悔しくて、こう言う発言になったのでしょう。

 

これを聞いた、ほのかは泣きながら、保健室を飛び出します。

ほのかは中学時代、部活の事で嫌な思いをしています。

 

そこへいつも、ほのかを家まで送って行く幼なじみの

アキとノブがやってきます。後ろを向いているのに、

ほのかの異変にアキが気が付きます。

 

 アキは、

ほのかの肩をつかみ振り向かせます・・・泣いています・・・

そして、ほのかはアキの胸でせきを切ったように泣きます・・・

 

アニメっていつも、好きな人の胸で泣くシーンとか

出てくるんですけど、見てる私は、胸はキュンとするし、

羨ましいし、ホントため息出るんですけど・・・何とかしてください

私の胸のドキドキ・・・なんちゃって。

 

アニメでは、まだこの段階では2人の関係性は描かれていない

のですがほのかとアキはお互いに好意を持っているようです。

 

 次の日・・・

いつも一緒にお昼を食べていた千鶴は玲奈とほのかの異変を

新に相談します。そして、バレーの練習中のほのかの所へ・・・

 

ほのかは新と千鶴に胸の内を話します。

中学時代の事、玲奈と最後の大会を戦いたい事を・・・

 

新とほのか、千鶴の3人がバレーボール部の部室で

話をしているのを迎えに来たアキとノブが部屋の外で気がつきます。

 

アキは玲奈を部室の前まで連れてきます。そして、

玲奈に3人の話を聞かせます。

 

部屋から出て来たほのかは顔を合わせた玲奈に言います。

 

『私やっぱり玲奈と大会出たいよ!玲奈とこんな最後いやだよ!』

『怪我をさせといて、なにを勝手な事って・・・こんな事言えないけど』

『お願い!部活に戻って来て!また、一緒にバレーしよう!』

 

 それに対して玲奈はこう言います。

『先生には、もう引退しますからと言ったから』

 『私の部活は終わったの!もう、どうでもいいの!』

 

 走り去る玲奈・・・見送るほのか・・・

 『私、玲奈を信じて待つ!』周りの皆にほのかが言う。

 

そして、大会当日・・・玲奈は来ません。新と千鶴は玲奈の家へ

迎えに行きます。いつも口下手な千鶴が熱弁します。

 

う~ん、長くなるから書けな~い!残念!

私が泣くほど良いとこなのに~皆さんビデオで見て下さ~い。

 

そして、二人はコートの中で握手をして試合をしますが負けました。

でも、同じ大学に行ってまた一緒にバレーする事を約束します。

涙、涙の二人なのでした・・・私も、もらい泣き・・・

 

地味でつまらない上に、記事が長過ぎました。

 

読者の皆様、貴重お時間を頂きましてありがとうございます。

次回は恋愛話になりますから、

好きな方は読んでもらえたら嬉しいです。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

     ゲーム好き主婦の

 

       長過ぎるひとりごとでした・・・

 

 

 

 

f:id:ooinunohuguri:20180929194505j:plain