ゲーム好き主婦のひとりごと

気の向くままに、思い付くままに書いた独りよがりブログ

ドラマ  初めて恋をした日に読む話 Ⅱ

f:id:ooinunohuguri:20190122154027j:plain

読者の皆様こんにちは。『恋愛の伝道師』の

 オオイヌノフグリと申します。

 

お互いに読者になっているMさんにそう言って頂いたのでたので、

恋愛の記事を書く時は厚かまし

『恋愛の伝道師』を名乗りたいと思います。

 

『恋愛の巨匠』や『恋愛の教祖』と呼ばれた柴門ふみさんを

思い出てしまい恐れ多いのですが、Mさんのイメージに

のってみるのも良いかなと思い使わせて頂きます。

 

私自身は、そんなに沢山、恋愛経験はありませんよ。普通です。

う~ん、でも何を持って普通と言ってるんでしょうね。(笑)

 

こんなこと書くと、何だか恋愛記事ばかり書いていると

思われそうですがそんなことありませんよ。

恋愛以外の記事も書いてますから・・・(笑)

 

今回は初めて恋をした日に読む話のⅡについて

書きたいと思います。

 

今回の私の書きたいところは、順子を取り巻く人達の気持ちを

中心に書いてみました。

 

前回の初回はアラサー塾講師の春見順子(深田恭子)と最低レベルの

高校の2年生由利匡平(横浜流星)が出会い、匡平が順子の塾に

通う事になり、東大を目指す事になりました。

 

そして、匡平は順子に恋をしたようです。

もう一人、順子に恋をしている人物がいます。

 

いとこで中高同級生の八雲雅志(永山絢斗)です。20年間好きと言えず

今だに、電話するのでさえタメライがあるようです。

  

今回は3人目の順子に恋する人物,、高校の時の同級生で

匡平の担任の山下一真(中村倫也)が出てきます。

 

このドラマでは私、深キョンのファッションにも注目しています。

紺色の花柄のワンピース似合ってて可愛かった。

深キョンワンピース、似合うと思います。

 

高校生の合コンから始まります。

順子の中学校の同級生、松岡美和(安達祐実)が順子の所へ来て

高校生の合コンに皆で行きます。

 

順子は匡平に『恋愛なんて受験の邪魔よ』と思わず

言ってしまいます。

その言葉は、順子が受験の時母親に言われた言葉です。

 

でも順子は前言を撤回します。

 

順子『受検勉強しながら、恋愛もして欲しい。彼女って、』

  『自分を勇気づけてくれる存在なんでしょ。』

  『 おそらく、よく知らないけど・・・』

 

順子は恋愛経験のない、鈍感女子なので、この辺の気持ちが

分からないようです。

  

合コンの中の女の子の話を聞いた美和が

その女子高生江藤美香(吉川愛)をこう言います。

 

恐怖の『られた、された女』と・・・

 

自分の事を全部受け身で話す女は、自分の行動に責任取らないから

何でも相手のせいにするらしいです。

 

なるほど~。知りませんでした。勉強になります!!

男性の皆さん、気を付けて下さいね『られた された女』・・・

 

ふとした瞬間、匡平は順子のうなじが目入りドキドキしてしまい、

目をそらします。女性のうなじ、セクシーでドッキとする

男性の方多いのではありませんか?(笑)

 

こういう事が積み重なって、どんどん心の中を

占領されていくのです。そして、いつの間にかその人の事で

頭の中が一杯になってしまうのです・・・それが、恋・・・

 

順子の塾では営業の一環として、近くの高校へ出張講師と

言うものをしています。

 

近隣の高校へ出向いて授業を行う。行先は先生の希望で

決めるのですが、順子はもたもたしていて、

匡平のいる最低高校の南校になりました。

 

そして、打ち合わせの為に南高にやって来ます。

そして、山下に再会します。

 

高校生の時、先生に見放された山下を順子が、勉強の面倒を見て

高得点を取らせたという事がありました。

 

その後山下は順子に交際を申し込んでいますが、順子は母親に

『恋愛は受験の邪魔』と申し込んだ手紙を母親に破られます。

 

二人が再会した様子を見ていた匡平は

何か予感を感じたかも・・・

 

山下は進学校ドロップアウトと呼ばれていました。

万年赤点だった山下は順子に勉強を教えてもらう時

こう思っていたようです。

 

順子に言います・・・

 

山下『俺さ、あの頃俺に勉強教えてくれた、お前みたいな』

  『ああいう先生になりたかったんだけどなぁ・・・』

 

山下の順子に対する想いはかなり強いようです。

そして、順子が未婚、シングル、フリーだと知って山下は・・・

 

出張講師の最後の日、山下は自分の電話番号を教えながら、

『今度、腰が痛くなったら、俺を呼べよ、良い整体師知ってるから』

と言い、順子と電話番号を交換します。

 

それを匡平は見ています・・・

 

塾には、恐怖の『られた、された女』の美香が匡平を探してやって

来ました。そして、塾に入りました。勿論、匡平目的です。

 

順子が腰を痛めたのを知り、雅志もやってきました。そして国平に

『順子の教え子ならいつでも、協力するよ』と言います。

 

匡平はそれに対して一言、『いらねえ・・・』少し怒ったような

口調で言い放ち雅志を睨みます。

 

おお、匡平君、雅志をライバル視しています!

 

その様子を見ていた美香は匡平に言います。

『匡平君、あの先生のこと、好きでしょ』少し驚く匡平・・・

 

『そんなんじゃねえよ!アイツに余計な事言うなよ!』

強く言い放ち美香を睨みつけます。

 

寂しそうな美香・・・

美香は好きな国平をずっと見ています。

 

匡平の視線、表情をじっと見ているので、分かるのです。

匡平の気持ちが・・・順子を好きな気持ちが見えて来るのです。

 

片思いは切ないです・・・寂しいです・・・

今のところ、全員が片思いです。

 

順子をかばって、匡平が腕を怪我しました。

愛する人を守ると言う気持ちがとっさの行動に現れました。

匡平の想い・・・熱いです・・・

 

雅志と山下というライバルの登場で匡平は受験に対して

強い決心をします。それは順子に愛されたい一心から

出た気持ちです。その気持ちの入った言葉・・・

 

匡平『俺がもし理Ⅲ受かったら、お前のコンプレックス全部

  『はらせんじゃねえの?』

 

順子『そんなことが理由で!馬鹿じゃない!の』

匡平『馬鹿が合格したら、お前がしくじりじゃなくなるだろう』

 

匡平、自分が頑張る事で自分が欲しいもの・・・順子の気持ちを

手に入れたいと思っています。

  

順子のこの言葉『あの子に夢中』、匡平君勘違いしていないと

よいのですが・・・

順子は先生として、受験に合格させることに夢中なのであって、

匡平に夢中なのではありませんよ。

 

誰かを愛すれば、その人に愛されたい皆そう想っています。

私も・・・

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

 

       ゲーム好き主婦の

 

 

             ひとりごとでした・・・

 

 

  

 

 

f:id:ooinunohuguri:20190122180513j:plain