ゲーム好き主婦のひとりごと

気の向くままに、思い付くままに書いた独りよがりブログ

コツメカワウソの密輸に思う

f:id:ooinunohuguri:20190126221233j:plain


ワシントン条約で国際取引が規制されているコツメカワウソ

6月にタイから密輸しようとした二人が関税法違反で

逮捕されました。

 

この二人はこれだけではなく、密輸を繰り返していたようです。

 

コツメカワウソワシントン条約(CITES)で『附属書Ⅱ』に

掲載されていますがこれを『附属書Ⅰ』に掲載する提案も

出されています。

 

『付属書Ⅱ』に分類されると輸入に輸出国の許可が必要に

なります。

 

『附属書Ⅰ』に提案が採択されれば、商業目的の国際取引は

全面禁止となり、日本国内の取引は個体登録の義務が

求められます。

 

密輸した二人は6月、タイからコツメカワウソの子供3匹を

キャリーケースに隠して航空機に持ち込み、経済産業省

認可を得ずに密輸した疑いがあります。

 

購入を持ち掛けられた、東京都内の店からの通報で発覚ししました。

2匹は瀕死の状態で店に連れてこられましたが、その後2匹は回復し、

残る1匹の行方は分かっていません。

 

野生動物の取引を監視する国際NGOトラフィックが、2017年に

密輸出の疑いで押収されたカワウソ45匹のうち、32匹が

日本向けでした。

 

原産国で数千円で仕入れた個体が

日本国内で数十万円~100万円超で取引される例もあるといいます。

 

野生のコツメカワウソは東南アジアの小川やマングローブ

魚や甲殻類を捕って暮らしています。

 

ペット取引で一番人気なのがコツメカワウソでその愛らしさは

人を魅了します。

 

実は私もコツメカワウソ大好きで動物園に行くと真っ先に

見たいのがミーアキャットとコツメカワウソなんです。

 

勿論!顔もカワイイのですがしぐさがカワイくて癒されます。

いつまで見てても飽きません。

 

でも、人が飼育する環境でカワウソを繁殖させる事は、可能では

ありますが、実際には難しいのです。

そうなれば、結論は簡単です。

 

自然のままの環境で繁殖させるしかありませんよね。

 

日本人のカワイイが好き文化にも困ったもんです。

『カワイイ!カワイイ!』と言ってはお金を積んで欲しがる。

 

需要と供給で欲しがる人が多くなれば高くなります。

だって、ペットとして売られている数が少ないのですから・・・

 

密輸でも良いからとお金を積んで欲しがっている姿は

同じ日本人として恥ずかしい限りです。

 

 いくつもの動物を滅びさせた人間・・・

 

 動物の世界から見ると、滅びなければいけないのは

人間なのでしょう。

人間が絶滅危惧種になる日はくるのか? (笑)

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

       ゲーム好き主婦の

 

 

            ひとりごとでした・・・

 

 

 

 

 

 

                        f:id:ooinunohuguri:20190127101820p:plain