ゲーム好き主婦のひとりごと

気の向くままに、思い付くままに書いた独りよがりブログ

ヘリコプターのパイロットになる方法の一つ


f:id:ooinunohuguri:20190407202013j:plain

 

日本のパイロットは飛行機も、ヘリコプターも不足しています。

 

 飛行機のパイロットが、アルコール基準を超えた事で

飛行機が飛ばないと言う事が最近度々、ニュースなどで報道されて

皆さんもご存知だと思いますが、

飛行機のパイロットは不足しています。

 

ヘリコプターの活躍は大きく広がっています。

 

民間のドクターヘリが急ピッチで増強されておりますが

全ての募集に対して不足しています。

 

航空大学がヘリコプターパイロットの要請を辞めた今 

不足するヘリコプターパイロットを補うのは、養成実績のある

民間のスクールです。

 

憧れの職業パイロットになるには、

1000万以上のお金がかかります。

ヘリコプターパイロットも同様です。

 

そんな中、ニュースの中で、私にしたら良い情報だと

思ったので記事にしてみました。

 

f:id:ooinunohuguri:20190408111428j:plain

日本フライトセーフティ(株)は

大手ヘリ業界2社である、朝日航洋(株)中日本航空(株)の

ヘリコプター新人操縦士の指定養成校です。

  

日本フライトセーフティの自家用操縦Bコース

(日本自家用操縦士回転翼単発タービン)を卒業の資格者で

試験により選抜された者に対して、

事業用操縦士回転翼単発タービン資格者にかかる訓練費用と

生活費用として1000万円を貸与するというものです。

 

中日本航空(株)では、同資格習得後中日本航空(株)に入社し

10年間勤務することにより、返済は実質的に免除されます。

 

つまり、自家用ヘリの資格を取るまでは、

自己負担で300万から400万程かかります。

 

次の事業用の資格を取るまでの1000万円を貸しますよ、

その代わりうちの会社で10年働いてね。

 

働いたら、その1000万円は返済しなくていいですよ、

という事です。いかかですか?

 

私は結構いい条件だと思います。

 

その他の条件は高卒以上、年齢26歳以下で後は

高所恐怖症無い人ですかね。(笑)

 

奨学金の返済が思ったり大変で、重くのしかかるという話や

自己破産する人もいたり、保証人の親に払ってもらう事に

なったりとか・・・病気やケガなどのアクシデントがあると

生活設計が狂ったりします。

 

10年間と言う縛りはありますが、訓練前、訓練中に就職先の

内々定が出るのも魅力的ですねって、すっかり、私・・・

日本フライトセーフティの回し者になってる~!(笑)

 

所詮民間の業者は金もうけと言う人もいます!

 

ドクターヘリの操縦士の需要は増加する可能性がある一方

無人機の発展により、現在ヘリコプターで行っている業務が

減る可能性はあります。

 

その事について、以前私が書いた記事があります。

読んでもらえたら嬉しいです!

 

ooinunohuguri.hatenablog.com

 

他に、ヘリコプターパイロットの免許が取れるのは

帝京大学もあります。大学なので大卒の資格も手にはいります。

費用は大体、1700万円程です。

 

広くヘリコプターパイロットとして、

活躍しているのは自衛隊のOBのようです。

 

自衛隊に入って資格を取ると飛行経験の差が有利にみなされる

ようです。

 

ヘリコプターパイロットになるには、

高等工科高校から陸上自衛隊というのが王道らしいです。

 

防衛大学に行くという方法もあるようです。

 

どの取り方でヘリコプターパイロットになるかは、

貴方次第です!と無責任に終わらせて頂きます。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

 

        ゲーム好き主婦の

 

 

 

             ひとりごとでした・・・

 

 

       

 

 

f:id:ooinunohuguri:20190408113201j:plain