ゲーム好き主婦のひとりごと

気の向くままに、思い付くままに書いた独りよがりブログ

言葉の無い世界で想いを伝える・・・

f:id:ooinunohuguri:20190713104125j:plain

 

私は、オンラインゲームを同じ人と

殆ど毎晩のようにしています。

 

何時も同じ時刻にゲームをしているので、いつもの人と

呼んでいます。

 

そのゲームの中に言葉はありません。

 

でも気持ちは、伝えたい。お互いそんなことを考えています。

たぶん・・・妄想です。

 

お互いそんなことを考えているので、気持ちが伝わってきます。

きっと妄想です。

 

言葉というのは、気持ちを伝えるのに便利なはずなのに、

使えば使うほど、気持ちがすれ違う、気持ちが遠くなると

いう時もあります。

 

でも、私達の間に気持を伝える言葉は、ありません・・・

 

私達には、私達にしか分からないゲームの終わり方があります。

 

先にオンラインゲームのボタンを押した方がゲームを

終わるなどの操作はし易くなってます。

 

彼は最近は、サッサと勝手にゲームの終了ボタンを押していました。

その日は、二人だけのゲームの終わり方を求めてきました。

 

『う~ん、なんだ、なんだ、何の意味だ・・・』

少し、パニックになりながら、私は、終了ボタンを押しました。

 

そして、考えました。『明日は、ゲームに来ないという合図か?』

『それとも、まさか・・・』

 

次の日、来ないのかなぁ~と思っていたら、来ました。

その日もゲームは彼が、サッサと終了ボタンを押しました。

 

その次の日も同じでした。

 

『じゃ~、一昨日の合図はなんだったんだ?』と私の妄想が

パワーアップします。

 

『まさかのあれ?・・・』『好き?・・・』

 

もう、そう思ったら、それしか頭に浮かびません!

それに違いないとか、絶対そうだ!とかそっちの方しか

考えがいきません・・・

 

それで、もやもやして、毎夜毎夜、パムパムプリンを

ぎゅうぎゅうに抱き締める夜が続く訳です!

 

妄想の恋は辛い・・・成就することがないのだから・・・

既婚者の私には、それがお似合いということだ・・・

 

以前、こんな妄想をした・・・

彼が、私のブログを見つけて『俺だよ』って言ってくる。

 

そんなことが、あったら、本当に奇蹟だ!

大きな隕石が、地球にぶつかるくらいの・・・

 

女性のブロガーって、どれくらいいる?

何十万人?何百万人?・・・奇跡としか言いようがない・・・

いつもの人かどうか見分ける方法は、簡単です。

 

二人だけのゲームの終わり方を言ってみてと言う。

すぐに分かる!

 

もし、本物だったら?・・・・う~ん、色んな意味で怖い!

 

私はどうやって『貴方が好きよ』って伝えているか・・・

 

ひたすら彼を待つ・・・彼が来るかも知れない時間が

過ぎるまで彼を待つ・・・

 

いつも自分を待っている人がいたら、嫌でも好きって

分かるでしょ?・・・(笑)

  

f:id:ooinunohuguri:20190713113331j:plain

 

 いつもの人に向かって私の脳がトキメキホルモンを

 出してしまったのだから、止められない・・・

 

恋に墜ちると良く言うのは、このトキメキホルモンが

ある人に向かって出るとそういう状態になります。

 

男性は、視覚で女性を好きになる事が多いので

このトキメキホルモンPET(フェネチルアミン)が出やすい。

 

その典型的なのが、一目惚れです。

 

女性にもないとは言いませんが、男性よりも少ないと思います。

だから、美女と野獣が成立します。

 

かくゆう私は、一目ぼれの恋はしたことありません。

 

元々、そんなに面食いではない私の場合外見は、

年を取れば取るほど、どうでもいい条件になってきています。

 

だから、妄想の恋なんかしてしまうのだろう・・・

  

f:id:ooinunohuguri:20190713105954j:plain

 

今朝のチコちゃんの女の子の手紙、恋の話でしたね。

 

好きな男の子を見てる時は、ドキドキしないのに、

いない時に想像するとドキドキすると書いてありました。

 

男性は、見ていて、傍にいてドキドキする想いが増す。

 

女性は、会わないでいると想いが増すというのは、

あると思います。

 

会わないでいると好きという想いが募って、

溢れてああ~・・・

 

いい年したおばさんの、妄想の恋話でした・・・

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

 

 

          ゲーム好き主婦の

 

 

 

             ひとりごとでした・・・

 

 

      

f:id:ooinunohuguri:20190713113803p:plain