1986年以来、初めてレコードの販売が CD の販売を
追い越すと予想されているようだ。

今年3月の報告によると、2018年のレコードの販売数は
前年に比べ3.7%増加したとのことだ。
 
さらに先週の木曜日にリリースされた
RIAAアメリカレコード協会)の2019年中間レポートによると、
レコードの販売数は860万で2億2410万ドルの売り上げを
生み出したことが示されていた。
 
一方、CD に関してはこのレコードの販売数とは対照的に、
販売数が1860万、総収入は2億4790万と伸び悩んでおり、
レコードにすぐ後ろまで迫られている。
 

レコードは過去10年間で着実に人気が高まってきており、

今年2月にオンラインレコードショップ Norman Records が

実施した調査では、2013年から2018年の終わりまでの期間に

レコードの売り上げが5倍に増加していることが明らかになった。

 

昨年のアメリカでは、1680万枚のレコードが販売され、

アルバム販売全体の11.9%がレコードで占められていた。

 

音楽を聴く際に、最近ではほとんどの人が

サブスクリプションサービスを利用しているため、わざわざ楽曲を

買う場合、サブスクリプションで聞ける音質とは全く異なる

音質であるレコードを購入する人が増えてきているのでは

ないだろうか。

 

現代の音楽はCDそしてデータなどのデジタルな音声を

ベースに聴かれることが多いです。

 

しかし、以前にはレコードを使って音楽を記録し、

楽しむのが普通でした。

 

あの円盤型のレコード音盤に音を記録し、

針で音の情報を読み取り増幅させて聞いていました。

 

今は、その辺のお店では見かけなくなったアナログレコードですが、

実は今世界的に再燃ブームが起こっているのを

ご存知でしたでしょうか?

 

今回はアナログレコードが、世界的に再燃にしている理由について

まとめてご紹介します。

 

                      f:id:ooinunohuguri:20191211144530j:plain

 

アナログレコードとは?

元々は音声を録音する機械として開発されていったもので、

特徴的な円盤状の記録媒体にアナログのまま音声信号を記録します。

 

SP、LP、EPなどと呼び方の違うレコードの種類があり、

それぞれに記録できる音声の時間が違います。

 

レコードに刻まれた音声記録をレコードプレーヤーの針が拾い、

コイルや磁石に伝わることで、それが電気信号になります。

 

その電気信号をアンプなどで増幅させ、最終的にスピーカーから

出力することで音を聴くことができます。

 

レコードを聴くには「レコードプレーヤー」と「カートリッジ」

「アンプ」「スピーカー」「針」など、

多くのものが必要になります。

 

現在ではプレーヤーの安いもので

1万円ぐらいから販売されているので

比較的気軽に始められるようになりました。

 

さらに、ミュージシャンもデジタル音源とは別に、

アナログ盤なども同時に発売するようになってきていて、

日本でもアナログレコードの人気が再燃しています。

 

そんな古い音楽媒体が現代になって再燃している理由は、

他にどんなものがあるのでしょうか?

 

                      f:id:ooinunohuguri:20191211145035j:plain

 

手軽にアナログレコードが

聴けるようになった

あるデータによるとアナログレコードの売上枚数が、

年々上昇しているとのことです。

 

特にイギリスやドイツなどでは、人気がありすぎて供給が

間に合わない場合も出てきているようなのです。

 

CDの売り上げは逆にどんどんと低迷していっていますが、

その反対にアナログレコードが売れているのにはいくつか訳が

あるようです。

 

レコードプレーヤーの簡素化と低コスト化はその再燃の一旦を

担っています。

 

レコードプレーヤーとは以前までは、「手間」のかかるもの、

というイメージが強かったのですが、現代のプレーヤーは

プレーヤーとアンプ、スピーカーなどが一体化したものが

販売されていたり、USBを接続してデータ変換できたりと

「手軽さ」が売りになっています。

 

さらに、デジタル音源よりもアナログレコードの方が音に温かみや

懐かしさがあり、音質にも特徴があって人気が出ています。

 

さらに、デジタルのデータ音源は、ネットで簡単に手に入りますが、

アナログはデジタルデータと違ってモノがそこにあります。

 

そのように、若い世代にはアナログというものが、

新鮮な印象を与えていることも原因の一つのようです。

 

若い世代でのレコードの人気は、その音だけではなく、レコードで音楽を楽しむというファッションの一つという捉え方もあるようです。

スマホなどで簡単に聴ける音楽ではなく、インテリアとして楽しむ音楽というイメージかもしれません。

                          f:id:ooinunohuguri:20191211144711j:plain

 

音楽を所有する

現代の音楽はインターネットなどを使って「無料」という

概念の元に音楽を消費することが多くなりました。

 

無料で聴けるものが、モノとして売られていても売れる訳が

ありませんし、それが当たり前のようになっているのが、

CDの売り上げの低迷につながっています。

 

そんな中、アナログレコードは、

「音楽を手元に置いておける。」という音楽を所有するという

概念も、若い人には新鮮だったのだと思います。

 

CDなどもそうでしたが、CDジャケットを棚に並べておくだけで

優越感を感じとれていましたよね。

 

音楽というものが、データとして形のないふわふわとしたもの

ではなくて、モノとして再認識され始めているのも、

アナログレコードの人気再燃の一つの原因となっているようです。

                   (Events Artits News)引用

 

                             f:id:ooinunohuguri:20191211183915j:plain

 

 新鮮な音源であるアナログレコード

 

アナログレコードの魅力はどんなところにあるのだろうか。


若い世代たちがまず惹かれるのは、CDのようなプラスチックの

パッケージではなく、「ぬくもりのある紙のジャケット」だ。

 

しかもサイズが大きく、部屋に飾るなど、コレクション的な

要素もある。

もちろん音質もポイントだ。


ノイズがまったくないデジタル音源は確かにいい音だろう。

しかし、CDは音源の情報を圧縮しているために深みが感じられない。

 

これはアナログレコードと聞き比べればわかるが、

デジタルはやはり“遊び”がなく、面白みに欠ける。

 

アナログは針の“ブツブツ”といった一種のノイズも、

また魅力のひとつになる。

 

デジタルに慣れきった若者たちにとって、

それらは新鮮な音源となるのだろう。


もちろん、昔から聞き続けている中高年以上の世代にとっても、

アナログは決してオワコンではない。

 

いま復活してきている理由には、そんなことが見え隠れするのだ。

 

                         f:id:ooinunohuguri:20191212094546j:plain

音楽がデータという形のない フワフワしたものだったのが、

レコードという物として認識・・・分かる気がします。
 
そして物だから、所有したいという想いが生まれます。
無料だったものを、物としてお金を出して所有する。
 
それとCDにはない魅力の一つに挙げられるのが、『ジャケット』
があります。
 
歌手の写真などが多く、プラスチックのケースに入ったCD。
それに比べレコードのジャケットは、昔からデザイン性の
高いものが多い。
 
確か、なんでも鑑定団でも高い値がついたジャケットを
見た事がある。
有名なアーティストがデザインしたものは、
それは、価値の高い芸術作品そのものだ。
 
『ジャケット』買いをするファンも増加している。
 
根強い中高年のファンにプラスして、若者が購買してくれると
なるともうレコードは、オワコンではない。
 
レコードをジャケットから出し、プレイヤーの上に置いて、
聞くぞーっという、ワクワク感!
そして音が出て来るのを待つ・・・トキメキ・・・
 
ああ~・・・想像してたら、ゾクゾクしてきました!ヤバイ!(笑)
私も、プレイヤーとレコード買っちゃおうかなぁ~・・・
 
私も昔一時期、浜省にはまって、アルバムのCDを20枚くらい
持ってました。
 
当然、好きなアーティストのレコードを収集したくなりますよね。
 
レコード人気の再燃・・・これは一過性のものではく、
本物でしょう。
 
クリスマスプレゼントにレコードプレイヤーと
送る人の想いがこもったレコード・・・素敵ですね・・・
そんなことされたら、惚れてまうやろー!!(笑)
 
最後まで読んで頂いてありがとうございました。
 
 
       ゲーム好き主婦の
 
 
            ひとりごとでした・・
                                       
 
  

f:id:ooinunohuguri:20191211145211p:plain