ゲーム好き主婦のひとりごと

気の向くままに、思い付くままに書いた独りよがりブログ

「泳ぐ宝石」錦鯉はバブル?

f:id:ooinunohuguri:20200111153831j:plain

 

  2億300万の錦鯉

 

錦鯉のことは、全く知らないオオイヌノフグリです。

 

2018年10月4日、広島のオークションで2億300万の値段が

ついたことを最近知りました。

 

落札したのは、台湾人の女性だったそうです。

 

彼女は、超お金持ちの委託を受けて、オークションに参加したと

言われています。

 

そしてその超お金持ちが、アリババの創業者のジャック・マーさん

ではないかという噂が、まことしやかにささやかれています。

 

この鯉様が2億300万円の鯉様です!

 

f:id:ooinunohuguri:20200112132331j:plain


    日本での錦鯉の歴史

 

錦鯉、秋田犬、レース鳩、盆栽を「日本4大とっつあん趣味」と

呼ぶらしいです。(笑)知りませんでした。

 

そもそも錦鯉は日本では、旧山古志村(現長岡市)で始まったと

一般的には考えられています。

 

冬季の非常食として休耕田に鯉を養殖していたところ、

赤や白の色が出ました。

 

これを人口交配を繰り返して生まれたのが、

日本特有の鑑賞魚の錦鯉で、「国魚」に指定されています。

 

黒以外の鯉を色鯉(イロゴイ)、特に赤い鯉を緋鯉(ヒゴイ)、

特に鑑賞魚として色彩や斑点など、体色を改良されたものを

錦鯉(ニシキゴイ)と呼ばれています。

 

錦鯉の品種は、100種類以上に上り、代表的なものとして、

白地に紅白の斑紋がある「紅白」

白地に紅白と墨色の斑紋がある「大正三色

墨地に白色と紅色の斑紋がある「昭和三色」などがあります。

 

      f:id:ooinunohuguri:20200112140136j:plain

 

錦鯉が一般的に知られるようになったのは、

新潟出身の田中角栄元総理が、東京の目白の自邸で、池の鯉に

餌をあげているシーンがテレビに流れてからのようです。

 

その姿にあこがれた男性たちが、真似をして

趣味にしていったのでしょう。

 

その後、鯉に高値がつくようになり、バブル崩壊までは、

2000万円とか、3000円万とかの高値がついたようですが、

それは昔の話です。

 

そんな錦鯉が大きく様変わりしたのは、10年程前です。

国際化した錦鯉の売り上げの8割は、外国人と言われています。

 

中国、香港、インドネシア、マレーシア、タイ、ベトナム

東南アジアやイギリス、ドイツ、ベルギー、オランダのヨーロッパ、

そしてアメリカ。もはや、世界的な人気のようです。

         f:id:ooinunohuguri:20200112135406j:plain

 錦鯉は、鑑賞用か?投資か?

 

農林水産省の統計では、錦鯉の輸出額は、

平成20年は22,2億円だったのが、平成29年には36、7億円と

150%の伸びを見せている。

 

なかでも、香港、オランダ、ドイツ、アメリカなどで、

急速に増加している。

 

各国の富裕層が積極的に購入しているとみられ、

現在日本で生産される錦鯉の7割以上は海外に輸出されている。

  

外国人の間では、単に鑑賞用としての人気ではなく、

投資目的で買い付ける動きが出てきている。

 

もちろん、金融商品のようないつでも売買できる流動性はないため、

オークション、品評会、口コミ、SNSなどで買い手が

見つけられて成立する。

 

愛好家を中心に取り引きされるクローズな市場という意味では、

スポーツカーなどと似ている。

       f:id:ooinunohuguri:20200112145752j:plain

さらに、ニシキゴイが市場に出るまでには、

二つの大きな流れがある。


生まれたての段階で稚魚の選別が繰り返され、

大半は一般用の卸売り業者に売り渡される流れと、その一方で、

将来的に高い評価が得られる見込みの柄をもった稚魚は、

見込みのある柄をもった稚魚は、

品評会に出品するニシキゴイとして区別される。

 

後者の一部が投資に回されるのだ。

 

品評会に出される稚魚は「立て鯉」と呼ばれ、海外の富裕層などは、

この「立て鯉」の段階で買い付けを行うケースが多い。

 

まだ、成長途中のニシキゴイを比較的安値で買い付けておき、

やがて成長したときに、品評会などで

高値で売りぬくという算段だ。

 

これがニシキゴイ投資の原点だ。

 

ただ、中国では輸入が制限されているため、

立て鯉の段階で購入した後も、

国内の生産者に飼育を委託して品評会に臨む「オーナー制」

なども利用されている。

 

前述した2億円以上の高値がついたニシキゴイも、

明らかに投資目的の業者によって売買されたものと見られている。

       f:id:ooinunohuguri:20200112140822j:plain

ニシキゴイ投資は、単純に儲かる話ではない

ただし、ニシキゴイ投資は、

それほど単純に儲かる話とはいいがたい。


事前に買い付けたニシキゴイが有名品評会で評価されれば

大きなリターンが期待できるが、

万一病気になったり、思ったように育ってくれなければ

期待したリターンが得られないケースも出てくる。

 

また、成長してみると思ったほどの美しい柄にならない

可能性もある。

 

そうした意味では、非常にリスクの高い投資といえる。

       f:id:ooinunohuguri:20200112145217j:plain

 

ニシキゴイ投資は今後、どう成長していくのだろう。

 

肯定的に見れば、世界中でニシキゴイの愛好者が増え、

古くて新しい日本文化としてグローバルに育っていく

可能性はある。

 

前述のとおり、アジアにとどまらず、ヨーロッパや米国にも

愛好者が増えているからだ。


一方で、いまのようなニシキゴイの価格の高騰は

少し異常ともいえる。

 

いわゆるバブルとも認識されており、

バブルならいずれ弾けるのが運命だ。

 

価格は一気に下落して、大損する可能性もある。

 

いずれにしても、一般の庶民がニシキゴイを投資の対象とするには

あまりにも難しく、リスクが高すぎるといっていい。

 

われわれ庶民は、せいぜい観賞魚として堪能するのが

賢明のようだ。

        マネセツ    ≪記事作成ライター:小松一彦≫引用

 

        f:id:ooinunohuguri:20200112140541j:plain

まあ~、何億円なんて錦鯉でなくても1匹500円くらいから

買えるようなので、我々一般庶民は、

そのくらいで可愛がれば良いのではないかと思います。

 

錦鯉の価格が、バブルならいつかは弾けてしまうでしょう。

その時はいつ来るのでしょうか?・・・

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

        ゲーム好き主婦の

 

            ひとりごとでした・・

 

 

f:id:ooinunohuguri:20200112143937j:plain