ゲーム好き主婦のひとりごと

気の向くままに、思い付くままに書いた独りよがりブログ

美唄のアワビ養殖 &伊丹空港犬用専用トイレについて

f:id:ooinunohuguri:20200214081319j:plain

 

 今日は、ニュース2本立てでいきます。

よろしくお願いします。


かつて日本のエネルギーを担った北海道の石炭の産地では今、

新たなエネルギー源として、雪の研究が進められています。

 

地元が「白いダイヤ」と呼ぶ雪。

秘めた可能性に注目が集まっています。

 

アワビを育てる室内は、15℃以上に保たれていますが、

ここは真冬の 北海道です。

 

朝晩は、マイナス20℃近くまで冷え込みます。

暖房にコストがかかると思われがちですが、石油ボイラーなどは

ありません。

 

f:id:ooinunohuguri:20200217053605j:plain

 

「データセンターの熱を暖房に使う」

 

温室の隣にデータセンターがあります。

 

ここには東京の企業が利用する、

大きなコンピューター=サーバーが置かれています。

 

このサーバーから放出される熱を温室の暖房に使っているのです。

サーバー熱は、黙っていると地球に放出されるだけです。

 

その熱を回収して有効活用しています。

 

一方データセンターは、夏になると60℃以上にもなります。

 

本州では、莫大なエネルギーと費用をかけて冷房しますが、

美唄市ならではの方法で冷やしています。

 

f:id:ooinunohuguri:20200217052748j:plain

 

ひと冬で10メートル近くの雪が降る美唄市では、

23年前から除排雪で集まった3000トン を解かさず貯蔵し、

サーバーを冷却する技術を開発しました。

 

すべて雪のエネルギーで賄うので、光熱費は殆どかかりません。

 

美唄市は石炭で栄えた街。

石炭は『黒いダイヤ』と言われていました。

 

除雪の負担や交通障害、時には災害も引き起こす厄介者でも

あります。

 

雪は、天から降って来る厄介者ではなく、

逆転の発想により「白いダイヤ」と呼ばれています。

 

雪は将来、日本のエネルギーの主役になるかも知れませんね。

 

アワビの養殖については次のような記事も書いていますので、

読んでもらえたら、嬉しいです。

 

ooinunohuguri.hatenablog.com

 

 

伊丹空港犬用専用トイレについて

 

先日このニュースは、話題になったので、ご存知の方も

多いと思いますが、知らない方もおられると思いますので,

紹介します。

 

    f:id:ooinunohuguri:20200216121944j:plain

 

ペットの犬と一緒に飛行機を利用する人向けに、

伊丹空港では国内の空港としては初めて犬専用のトイレが

設置されました。

 

 伊丹空港で2月13日に開設された犬専用のトイレ。

水洗機能が付いた小便用のポールや、

フンを捨てる流し台などが備えられています。

 

通常、犬を飛行機にのせる場合、荷物と同様に客室とは別の

スペースにのせることになり、

申し出れば航空会社からケージを借りることもできます。

 

その際、飛行機内で用を足してしまうことがあるため、

搭乗前にトイレを済ませてもらおうと、

国内の空港としては初めて設置しました。

 

「(飛行機にのせる前)犬がお漏らししてしまったことがあるが、

そういった時には、家族に連絡して(ケージ内のシートを)

取り換える作業をさせていただく。

ご家族の方にも、犬にも安心して飛行機にのっていただきたい。」

         (日本航空グランドスタッフ 泉れなさん)

 

   f:id:ooinunohuguri:20200216122031j:plain

 

 最近では、年末年始や春休みなどペットと一緒に旅行する人が

増えていて、繁忙期には1か月で約600匹預かることも

あるということです。

 

ただ、体温管理が苦手なパグやブルドックといった

鼻の短いタイプなどのせることができない犬種もあります。

                    (MBSNEWS引用)

 

f:id:ooinunohuguri:20200216125443g:plain


 ワンちゃんがご家族の皆様、このような取り組みが、

他の空港でも対応して頂ければ、安心して空の旅が楽しめますね。

 

今回は、短い記事二つを書いて見ましたが、いかがでしたか?

では、今日はこの辺で失礼します。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

      ゲーム好き主婦の

 

             ひとりごとでした・・・

 

 

 

f:id:ooinunohuguri:20200216131339j:plain