ゲーム好き主婦のひとりごと

気の向くままに、思い付くままに書いた独りよがりブログ

やさしい日本語

f:id:ooinunohuguri:20200218175506j:plain

   

    やさしい日本語の意味

  

 「やさしい日本語」とは、普通の日本語より簡単で、

文の構造を簡単にした日本語のことです。

 

「やさしい日本語」の「やさしい」には、「優しい」と「易しい」

の二つの意味が込められています。

 

「やさしい日本語」は、漢字にはふりがなをふるなどして、

日本語に不慣れな、外国人の方にもわかりやすい

日本語のことです。

 

話す時は、ゆっくりわかりやすい言葉で話す、

相手の話をゆっくり聞く、丁寧語で話すなどの心配りを

します。

                         f:id:ooinunohuguri:20200220084823p:plain

1995年1月阪神・淡路大震災の時では、日本人だけでなく

日本におられた多くの外国人の方々も被害を受けられました。

 

その中には、日本語も英語も十分に理解できず、

必要な情報を受けることができない方々もおられました。

 

そこで、そうした人たちが災害発生時に適切な行動を

とれるように考え出されたのが「やさしい日本語」の始まりです。

 

そして、「やさしい日本語」は、災害時のみならず平時における

外国人の方への情報手段としても研究され、

行政情報や生活情報、毎日のニュース発信など、全国的な分野で

取り組みが広がっています。

 

そこで、弘前大学の佐藤和之先生方が、

日本語能力試験3級程度の日本語(小学校3年生の学校文法)で

理解できる、吟味した簡素な日本語「やさしい日本語」を研究、

考案されました。

 

今、期待を集めている「機械翻訳」においても、

いったん分かりやすい日本語に直してから外国語に訳した方が

意味のある訳文になります。

 

会話で伝えるだけでなく、

看板等の表示によって伝える時も同様です。

 

相手に外国語で伝えたい内容は、

わかりやすい言葉から考えることによって、

より伝わるものになります。

 

このように、「やさしい日本語」を基本に置くことで、

正しい外国語の表現にも繋がっていきます。

                           f:id:ooinunohuguri:20200220083917j:plain

    活用例

 

 現在日本の各自治体や様々な団体、コミュニティFMなどが、

外国人向けの情報誌や、防災マニュアルなどに「やさしい日本語」

を利用しています。

 

日本放送協会報道局では、2012年(平成24年)4月1日から、

やさしい日本語用いた公開実験ウェブサイト「NEWSWEBEASY」

を立ち上げ、NHKニュースの提供を始めました。

 

NTTドコモは、2015年(平成27年)9月10日か、

災害情報を配信するエリアメールを「やさしい日本語」に対応、

設定できるようにしました。

 

外国人の方々だけでなく、こども、高齢者、障害を持つ人など様々な

人にとってもわかりやすい点で、様々な人に有効な伝達方法です。

                             f:id:ooinunohuguri:20200220085446j:plain

  「やさしい日本語」の例

 

注意する →気を付ける

高台に避難して下さい →高いところへ逃げてください。

召し上がる →食べる

土足厳禁 →くつをぬいでください

キャンセルする →やめる

 

1、難しい言葉を易しい言葉に置き換える (和英→和語)

 

出身 →     くに

和室 →     たたみのへや

両親 →      お父さんとお母さん

飲酒 →     お酒を飲む

欠席 →     休む

 

2、難しい言葉を易しい言葉に置き換える(敬語→普通語)

 

お宅 →     家

どちら →    どこ

~でございます →~です

いらっしゃる → いる/行く/来る

召し上がる →  食べる/飲む

拝見する →   見る

 

難しい言葉を易しい言葉に置き換える(カタカナ→和語)

 

キャンセル →  やめる

ウォーキング → 歩く

ヘルシー →   体に良い

マイホーム →  自分の家

ベジタリアン → やさいだけ食べる人

セルフサービス→ 自分でする

 

いかがでしょうか?やさしい日本語の例をあげてみました。

 

                    f:id:ooinunohuguri:20200220085355j:plain

    最後に

 

今年は、オリンピックが日本で開催されます。

海外から、大勢の外国人の方々が日本に来られます。

 

何かの時には、「やさしい日本語」を思い浮かべ、

対応するという心がけをもちたいですね。

 

「やさしい日本語」は、外国人の方々だけではなく、

小さな子どもや高齢者、障害をもった方など、

色々な人に配慮したコミュニケーションの方法の一つです。

 

難しい言葉を簡単な言葉に置き換えるだけでなく、

身振り手振りで示したり、絵や写真を使ったり、

ゆっくり大きな声で話したり、漢字にルビを振ったり、

文字を大きくしたりと色々な工夫をすることで、

相手にとって分かりやすい言葉に変わります。

 

大事なのは、ちょっとした工夫と、相手を思いやる心です。

 

「やさしい日本語」を使わなければいけない時は、

やさしい気持ちになれば、おのずと「やさしい日本語」は、

出てくるような気がします。

 

「やさしい日本語」で海外の皆様をおもてなししたいですね。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

 

      ゲーム好き主婦の

 

 

            ひとりごとでした・・・ 

 

 

f:id:ooinunohuguri:20200220084112p:plain