ゲーム好き主婦のひとりごと

気の向くままに、思い付くままに書いた独りよがりブログ

アルパカのすいとワオキツネザル、カピバラの赤ちゃん

f:id:ooinunohuguri:20200320165954j:plain

 

生き物大好きのオオイヌノフグリです。

 

春は、赤ちゃんが生まれる嬉しい季節です。

最初は、アルパカの赤ちゃんメスの「すい」を紹介します。

 

f:id:ooinunohuguri:20200321095607j:plain

 
東伊豆町稲取の動物園「伊豆アニマルキングダム」でこのほど、

アルパカの雌の赤ちゃんが生まれました。

 

2018年に園内にオープンしたアルパカ展示場では、

初の赤ちゃん誕生で、愛らしい姿が来園者を楽しませています。


 誕生したのはメスの「すい」。

雄のジャックと雌のしずくの間に23日に生まれました。

 

母親の名前「しずく」にちなんで、水のすいと名付けられました。

 

すいは、身体の色は、お父さんのジャックの茶色を

受け継いでいます。

 

体高40センチ、体重7キロ。既に一般公開し、

親子水入らずで過ごす様子を見ることができます。

 

すいは、順調に育てば1ヶ月半ほどで乳離れして、

親と同じように牧草などを食べるようになるということです。

 

伊豆アニマルキングダムでは、2年前に新潟の牧場から

5頭のアルパカを迎え入れ、今回初めて繁殖に成功しました。

 

天候やアルパカの体調によっては、

展示を中止することもあるので、ご注意下さい。

 

f:id:ooinunohuguri:20200321094554j:plain

 

      アルパカとは?

 

アルパカは、南アメリカ大陸原産の家畜の1種です。

ラクダ科のビクーニャ属またはラマに属します。

 

極めて良質な体毛を具えており、古来衣類をはじめとする

生活用品への体毛の加工利用が、品種改良の目的でした。


 アルパカは南米のアンデス山脈に生息し、体毛は毛糸になります。

 

 

                  f:id:ooinunohuguri:20200321110748j:plain

 

      カピバラの赤ちゃん

 

伊豆シャボテン公園カピバラ虹の広場で暮らす、

ケビン&タブの間に2月8日にカピバラの赤ちゃんが誕生しました。

 

性別は、雄が1頭、雌が1頭です。

 

体調は30センチ、体重は約2キロで順調に

成長しているとのことです。

 

赤ちゃんは、生後2日~3日で草やキャベツをかじり始め、

授乳期間は、3ヶ月ほどです。

 

                   f:id:ooinunohuguri:20200321110810j:plain

 

 

      カピバラとは?

 

カピバラは、和名オニテンジクネズミ(鬼天竺鼠)といい、

ネズミ目テンジクネズミ科カピバラ族に分類される齧歯類です。

 

H,isthmiusと2種でカピバラ属を構成します。

現生種の齧歯類では最大種で、体重は50キロにもなります。

 

体長100㎝~130㎝、体は頑丈で長くて荒い毛が、

まばらに生えています。

 

南アメリカ東部のアマゾン川流域を中心とした、

温暖な水辺に20~30頭の群れで生息しています。

 

泳ぎや潜水が得意で、四肢の指に小さな水かきがあり、

尾はほとんどありません。

 

食性は草食性で、寿命は野生で8年~10年です。

 

                         f:id:ooinunohuguri:20200321111145j:plain

 

            ワオキツネザルの赤ちゃん

 

1月28日に誕生した双子の赤ちゃんで、性別は不明です。

母親は、ワオキツネザル島で暮らすレイラです。

 

赤ちゃんたちの頭胴長は、15㎝、尾長は20㎝、体重は60g。

順調に成長しています。

 

                           f:id:ooinunohuguri:20200321111117j:plain

 

                ワオキツネザルとは?

 

霊長目キツネザル科に分類される霊長類。

本種のみでワオキツネザル族を構成する。

マダガスカル島南部に生息しています。

 

メスが優位の20頭近くの群れを作り、

日中は主に地上で生活しています。

 

昼行性で朝は日光浴を行う習性があり、気温の高い昼は木陰で休み

朝と夕方は、活発に行動します。

 

食材は木の実、果実、昆虫などを食べる雑食性です。

 

長い尾は、黒白の帯が交互に重なり輪状に見えることから、

輪尾(ワオ)キツネザルと呼ばれています。

 

  伊豆シャボテン公園といえば・・・

 

伊豆シャボテン公園といえば、

リズザルさんたちが行方不明になってまだ、見つかっていません。

 

案外すぐ見つかると思っていたのですが・・・

 

狭いオリの中に入れられたりしていないか?

ちゃんと食事をしているか?ストレスで病気になっていないか?

心配です・・・1日も早く見つかって欲しいです!!

  

ooinunohuguri.hatenablog.com

 

何日かに分けていなくなっています。

たぶん、人間に連れて行かれたと思っています。

 

無事に戻って来て、またみんなと一緒に暮らして欲しいと

心から願っています・・・ 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

      ゲーム好き主婦の

 

 

           ひとりごとでした・・・

 

 

f:id:ooinunohuguri:20200321121817j:plain