ゲーム好き主婦のひとりごと

気の向くままに、思い付くままに書いた独りよがりブログ

三次で農業 地域おこし協力隊

f:id:ooinunohuguri:20200404095322j:plain

 
読者の皆様こんにちは。

今日は、農業の話です。

 

広島の三好市は、積極的に農業を志す人を支援する取り組みを

行っています。

 

そんな三好市の農業の初心者への取り組みを、

書きたいと思います。

 

日本では、農業を職業にしたいと思っても簡単では、

ありませんでした。

一つに、土地がないと出来ないというのがあります。

 

そういう意味で農業は、世襲的要素が強い職業と言えます。

近年は、農業を継がない家も多くなりました。

 

農家を継がないために、近年は少子高齢化耕作放棄地が

増えることで、鳥獣被害も増えるという負の連鎖も起きています。

 

                             f:id:ooinunohuguri:20191224110254j:plain

 

  農地の売買・賃借の制度について

 

 農林水産省は農地の貸し借りについての法の整備を

しました。

 

これまで、個人や企業の農業の新規参入には、

地域の農家がつくる農業委員会が認めなければ、

農地の貸し借りができませんでした。

 

株式会社や地域外の農家が、農地を借りようとしても、

農業委員会の許可が、なかなか得られないことも多く、

 企業参入や農地の大規模化の妨げになっていました。

 

個人や法人が、農地を売買又は賃借する場合は、

農業委員会等 の許可を受ける方法(農地法)と市町村が定める

「農地利用集積計画」により権利を設定・移転する方法

(農業経営基盤基盤強化促進法)があります。

 

                    f:id:ooinunohuguri:20191224065432j:plain

  

f:id:ooinunohuguri:20200404081110j:plain


 

                 f:id:ooinunohuguri:20191224074845p:plain

 

                地域おこし協力隊とは?

 

「地域おこし協力隊」とは、地方自治体が都市住民を受け入れ、

地域おこし協力隊員として委託し、一定期間以上、

農林漁業の応援、水源保全、監視活動、住民の生活支援などの

各種の地域協力活動に従事してもらいながら、

当確地域への定住・定着を図る制度です。

 

この事業は、総務省が行っていて税金が使われています。

「地域おこし協力隊」の説明を詳しくすると、

一記事書けてしまうので気になる方は、検索で調べてみて下さい。

 

月給は、166,000円と決まっています。

それにプラスアルファされますが、自治体によって違います。

 

多くても20万円くらいです。

 

田舎は、物価が安いので独身なら何とかやっていけそうですが、

家族がいれば、共働きになるでしょう。

 

今日の記事は、農業をしませんか?というのが、記事の趣旨です。

 

「地域おこし協力隊」の期間は、3年間です。

 

この間に職種のスキルを上げて、

自立の道を切り開くことになります。

 

株式会社JAアグリ三次の取り組を紹介します。

 

                  f:id:ooinunohuguri:20200404132613j:plain

 

   株式会社JAアグリ三次

 

平成28年7月、農業者の高齢化や農業生産減少の対策策として、

JA出資型農業法人「株式会社JAアグリ三次」は設立されました。

 

中山間地域で、夢がもてる農業・農村の創造拠点として、

アスパラガスや白ネギ、ミニトマトなどを栽培し、

JA自らが中山間地域で農業所得が確保できる経営モデルを

実践していきます。

 

新規就農希望者を受け入れ、担い手、後継者育成にも

取り組んでいきます。

 

育成する就農者の経営モデル

1、ミニトマト

2、アスパラガス

3、コギク、白ネギ

4、ブドウ(シャインマスカット)

 

    事業方針

 

1、担い手の着実な育成と地域への就農・定着

2、業として成り立つ農産物売り上げ1,000万以上の

  経営モデルの確立

3、農業経営の実践によるJA事業の改革

 

                       f:id:ooinunohuguri:20191224074649j:plain

 

                最後に

 

ニュースの中では、3人の方を紹介していました。

 

ほうれん草、アスパラ、を研修中の独身の方2人。

家族がおられるブドウの研修中の方。

 

ほうれん草を研修中の25歳の男性の方は、大きな家を建てたいと

言っておられました。

 

仕事をして収入を得る先に夢がみれるのは、いいですね。

 

私は、農業はとても大事な仕事だと思っていますが、

一般の人が職業として選ぶ道が開けていないと、

常々思っていました。

 

なので、JAアグリ三次の活動に非常に期待しています。

 

仕事を選んで、収入が安定する道が開けていなければ、

不安です。

 

去年の台風で、千葉の農業や長野の農業が大打撃を受けて、

立ち直っていない農家、農業を諦めた農家などの話を聞くと

辛いものがあります。

 

農業は、自然との闘いでもあります。支援も必要です。

 

もしなにかあって、

今輸入している食料が入って来ないということがあれば、

とたんに困ってしまいます。

 

そういう意味でも、農業は大事な職業です。

 

若者の職業選択の中で、夢のある職業として、選ばれるように

なって欲しいと思っています。

 

三次については、こんな記事も書いています。

読んでもらえたら、嬉しいです。

 

 

ooinunohuguri.hatenablog.com

 

 

ooinunohuguri.hatenablog.com

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

 

       ゲーム好き主婦の

 

 

           ひとりごとでした・・・

 

           

f:id:ooinunohuguri:20200404132849p:plain