ゲーム好き主婦のひとりごと

気の向くままに、思い付くままに書いた独りよがりブログ

好きな歌詞2 このまま君だけを奪い去りたいは後悔を綴った追憶

f:id:ooinunohuguri:20200411135548j:plain

 

読者の皆様こんにちは。

 

最近、YouTubeで同じ曲を毎日何回も聞いています。

気持ちがその歌詞に共鳴してしまっています。

 

そういうことが、たまにあります。

 

 並んでいる曲の中にこの曲が、紛れ込んでいました。

 

この曲は、知っていましたが、

聞くことはあまりありませんでした。

 

歌詞がワンズの上杉昇さんで、作曲が織田哲郎さんでした。

 

    f:id:ooinunohuguri:20200402111130j:plain

西野カナさんの「会いたくて会いたくて 震える」

震えるの歌詞は有名ですが・・・

 

この「このまま君だけを奪い去りたい」の曲の中には、

「心震えるほど愛しいから」という歌詞が出てきます。

 

「震える」の歌詞の意味って、心が震えて・・・好きという想いが

溢れる出るさまを表わしているのかな?と思いました。 

 

心が震えるほど好きで、愛しくて気持ちが溢れて、

震えるほど会いたくなる・・・心が震えるほど愛しい

 

でも、どんなに言葉を並べてたててみても、

気持ちを言葉にすると物足りなさ、虚しさが漂い、

満足ができない気がします。

 

私の教養のなさのためなのか?言葉のボキャブラリーが

少ないからなのかも知れませんが・・・

 

気持ちを言葉に著わすのには、やはり物足りなさを感じずには

いられません。

 

この歌詞は、単純に後悔を綴った歌詞ではなく、

謎解きの要素も入っていると思いました。

 

この歌詞を書いた上杉昇さんのひたむきな愛に、心打たれます。

 

        f:id:ooinunohuguri:20200412085530j:plain

 

    このまま君だけを奪い去りたい

 

歌手:DEEN

作詞:上杉昇

作曲:織田哲郎

 

静かに 佇む(たたずむ) 街並み

はしゃぎ疲れ ただ優しく

忘れたはずの このさみしさ

ムネの扉 たたいた

 

この歌詞の謎解きは、この「ムネの扉たたいた」

にかかっています。

 

はしゃいで楽しいはずなのに、ふと一陣の寂しさにとらわれる

この寂しさは、なぜなんだろう?と思う。

 

封印していたムネの扉を叩き、開ける・・・

そして、彼女の瞳にぼくがにじんでいたあの日に戻る・・・

    f:id:ooinunohuguri:20200402110409j:plain

君の瞳には ボクが にじんで

消えゆく 愛を しった

 

このまま君だけを 奪い去りたい

やがて朝の光 訪れる前に

そしてまたあの日見た

夢を叶えよう 二人素直なままの瞳で

 

このまま君だけの、だけに意味があります。

リアルであれば「君を連れ去りたい」でいいと思うんです。

 

このだけは、何処こにいるかわかわらない君を、

場所と時間を超えて探し出し、奪ってきたい・・・

 

夜が明ける前に・・・そして、あの頃の二人に戻って

やり直したい・・・

   f:id:ooinunohuguri:20200402075207j:plain

  

いつまでも信じていたいよ

心震えるほど 愛しいから

 

いつまで信じていたい よ・・・何を信じていたいのでしょう?

 

あの頃のように、自分が愛されていたことを、

今も信じていたい・・・切ない想いです。

 

その想いで、心は震え愛しい想いは溢れ出す・・・

 

     f:id:ooinunohuguri:20200412091742j:plain

 

懐かしいブルーの雨傘

ざわめく街で 君に会った

うつむき歩く そのくせは

あの日のままだね

 

ここは、彼女に再会したのかと思ったんですけど、

違うんです。

妄想の続きで、再会したことを想像しているのだと思います。

 

ふいに呼び止めて 笑いあえたら

言葉さえもいらない

 

このまま君だけを 奪い去りたい

胸の奥でそう 叫んでるようだ

誰一人わからない 

遠い世界で君を守ろう 心燃やして

    f:id:ooinunohuguri:20200310152102j:plain

 

再会したことを想像してと考えると、

心の中で、今の君を奪い去りたい願望の強さが沁みます。

 

だって、胸の奥でそう叫んでるんですよ。

叫びたいほどの強い想い。

 

そして、何かから君を守れなかったことを後悔し、

今度は、絶対に君を守り抜く覚悟をしたいのです。願望です。

 

  f:id:ooinunohuguri:20200402110440j:plain

 

いつまでも抱きしめあいたい

永久に戻ることのない 時の中で

 

言葉を並べ立てる意味のなさ・・・

抱きしめ合う肌の温もりに愛を感じ、その変わらない愛の中で

永久に生きたいという・・・叶わない切ない想い・・・

 

このまま君だけを 奪い去りたい

やがて朝の光 訪れる前に

そしてまたあの日見た

夢を叶えよう 二人素直なままの瞳で

 

いつまでも信じていたいよ

心震えるほど愛しいから

 

あの日見た夢ってなんでしょうか?

二人でいつまでも一緒にいようと、いうことではないでしょうか?

 

なくしてから気づく大事なこと・・・

自分が愛したことも・・・愛されていたことも・・・

 

心震えるほど愛しいのに・・・もう会えない・・・

 

      f:id:ooinunohuguri:20190425132506p:plain

  

       最後に

私の勝手な歌詞の解釈いかがでしたか?

歌を歌う時、どこに自分の気持ちを込めて歌うか?

というポイントがあります。

 

そこへ向かって、抑揚をつけたり、感情を込めて歌う為にも

自分なりの歌詞の解釈は、必要だと思います。 

 

人は、後悔しない人生を歩みたいと思っていても、

失った人への想いを断ち切れず、悩み苦しんだりします。

 

時が経ち・・・少しづつ記憶を薄めていたつもりでも、

ふとした瞬間に抑えていた気持ちが、

溢れ出してしまう時があります。

 

そんなことを繰り返しながら、歳を取って行くんですね・・・

 

この曲は別れた人を想いだし、後悔を綴った曲だと思いました。

 

その人が大切な人だった、かけがえのない人だったと別れてから、

今更ながらわかることがあります。

 

後悔せずにはいられない・・・

この曲の歌詞は、そんな歌詞だと思いました。

 

カラオケ店は 、自粛なので、自宅で歌でも歌いますか?(笑)

 

では次回、私の好きな歌詞でお会いしましょう・・・

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

       ゲーム好き主婦の

 

             ひとりごとでした・・・

 

f:id:ooinunohuguri:20200412091514p:plain