ゲーム好き主婦のひとりごと

気の向くままに、思い付くままに書いた独りよがりブログ

アマビエが今人気

f:id:ooinunohuguri:20200427000611j:plain


読者の皆様こんにちは。

 

新型コロナウィルスが猛威を振るうようになって、

SNSで人気がでてきたものに「アマビエ」があります。

 

アマビエ・・・ご存知でしたか?

私は、名前は覚えていましたが、何をする妖怪か忘れていました。

 

知っていたのは、勿論「ゲゲゲの鬼太郎」に出てくるからです。

 

ゲゲゲの鬼太郎」好きで良く見ていたので、

妖怪の名前かなり知ってますよ。(笑)

 

泥田坊が、田んぼがなくなって暴れる切ない話や、

人間の風呂がが綺麗になりすぎて、舐める湯垢がないと

嘆くあかなめ。

 

嫌な性格のサザエ鬼、え~と名前だけどと呼子

小豆洗いなどなど・・・

 

好きな妖怪は、やはり同じ九州弁の一反木綿でしょうか。(笑)

 

      f:id:ooinunohuguri:20200504110158j:plain

 

ゲゲゲの鬼太郎」は、何回もシリーズ化されていますが、

そのつど猫娘が、萌えキャラになったりしています。

アマビエもそんな感じになった印象が私の中にはあります。

 

そんなアマビエが、今何故人気なのか?

 

f:id:ooinunohuguri:20200504130504j:plain

 

      アマビエとは?

 

江戸時代後期の江戸の肥後国(熊本県)に現れたという。

 

この話は、挿図付きで瓦版に取り上げられ、

遠く江戸まで伝えられました。

 

弘化3年4月中旬(1846年5月上旬)のこと、

毎夜海の中に光る物体が出没していたため、役人が赴いたところ、

それが姿を現した。

 

姿形について言葉では書き留められていないが、

挿図が添えられている。

 

その者は、役人に対して

「私は海中に住むアマビエと申すものなり」と名乗り、

「当年より6ヶ月間は諸国で豊作が続くが疫病も流行する」

「私の姿を描き写した絵を人々に早々に見せよ」

と予言めいたことを告げ、海の中へと帰って行った。

 

「アマビエ」という名称については、目撃記録が一つしかなく、

また名の意味が不明であることから、「アマビコ」という

同種の妖怪の誤記という説が提唱されている。

 

同種の妖怪と考えられるものに、尼彦、あま彦、天彦、天日子、

海彦などがある           (ウィキペディア引用)

 

                     f:id:ooinunohuguri:20200504103935p:plain

 

人知を超えた存在である妖怪たちの中には、「予言獣」と

呼ばれるものたちがいます。 

 

人前に忽然と現れ、これから起こるであろう災厄を予言し、

それを避ける方策を示すのです。

 

妖怪でありながら、人への親切心を持ち合わせているのです。

「アマビエ」もこの予言獣です。

 

令和のこの時代に、新型コロナウィルスを疫病と捉え、

アマビエにすがりたい世の中の人々の心に、蘇ったかのように

思えます。

 

f:id:ooinunohuguri:20200504130420j:plain

 

 

    アマビエの木の像を設置 

 

茂原市民などでつくる「艸里埜木(くさりのこ)倶楽部」は、

去年の台風15号で倒れた杉の木をチェーンソーで

削った木村廣志さんの「アマビエ」 の作品を

茂原市中心地の空き地に設置しました。

 

設置した木の像は高さが1メートル23センチあり、

製作者の木村さんは、

『疫病退散の後利益があると言われているので』

『形にして見てもらいたかった。倒木に魂が宿ったように感じ』

『凄く良いことだと思う。感染拡大の収束を願います』

と話されました。

 

f:id:ooinunohuguri:20200504130533j:plain

 

この跡地は、去年の大雨で浸水して取り壊された住宅の跡地で、

「艸里埜木倶楽部」のメンバーで空き地の所有者の鈴木真一さんは

『「アマビエ」の御利益があればと設置に協力しました』

『茂原に災いが起きないように願っています』と

話されていました。

 

鈴木さんの妻の志津恵さんは、

『妖怪は妖怪だけど、可愛らしい心のよりどころとして』

『こういうものにすがりたい気持ちになります』

と話されいました。

 

f:id:ooinunohuguri:20200504131309j:plain

 

    かっぱあまびえせん

 

アマビエの形をした一風変わったスナック菓子、

その名も「かっぱあまびえせん」

 

投稿したのは、「きのこの山」や「たけのこの里」を

モチーフにしたお菓子のパロディ作品などで知られる、

橋村昌政海さん、(@hashimura55)。

 

その由来を知り、コロナで疲れている人たちが少しでも笑って

元気になれるようなアマビエ作品を、

作ろうと、思い立ったのだそうです。

 

 

f:id:ooinunohuguri:20200504131324j:plain

 

普段は、紙粘土でなど立体作品を、制作している橋村さんですが、

この「かっぱあまびえせん」は、パソコンで

画像処理したものという。

 

うそー!!手にもってるやん!じゃ~手も?・・・

 

こちらの「ビエちゃん」も橋村さんの作品です。

 

                      f:id:ooinunohuguri:20200505132836j:plain

 

 

    f:id:ooinunohuguri:20200504110036j:plain

 

アミビエブームと「アマビエチャレンジ」

の起こり

 

2020年2月27日、

「疫病退散にご利益があるというアマビエの力を借りよう」

「コロナウィルス対策としてアマビエのイラストをみんなで描こう」

 

との発想から、妖怪掛け軸店が、妖怪ファンを除き一般には、

殆ど知られていないアマビエの解説と、イラストレーションを

Twitterに投稿した。

 

この考えに賛同した多くのTwitter利用者が、

「アマビエチャレンジ」「アマビエ祭り」などのハッシュタグ

付けて、イラスト、漫画、動画、ぬいぐるみ、フィギュアなど

様々な作品を作り、その写真を次々に投稿した。

 

このムーブメントは海を越え、3月の半ばには海外の

ネットユーザーが制作した"アマビエ作品"をTwitterInstagram

投稿し始め、「疫病退散」「皆さんの安全を願っています」

などのメッセージが添えられています。

 

アマビエの資料例が一つしかない一方、同種の妖怪と考えられる

「アマビエ」「アマヒコ(天彦/天日子)」関連資料は、やや多い。

 

海の中から出現、豊作や疫病の予言、

その姿を写した絵による除災、3本以上の足による直立という

外見などが共通している。      (JTB総合研究所)

 

f:id:ooinunohuguri:20200504155936j:plain

 

アマビエに対する世の中の一連の動きを見ていると、

新型コロナウィルスという世界共通の敵に対する、

連帯感が生まれています。

 

また、世の中の人共通の辛さ、苦しさ、痛み、

そういう負の感情を、分かち合っていこうという思いやりの

気持ちに溢れている気がします。

 

長い間雨が降って、やがて曇り空になり、雲の隙間から太陽の光が

少しずつみんなを照らすように、新型コロナウィルスという闇にも

近い将来光がさすはずです。

 

その日まで、もう少し頑張りましょう・・・

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

       ゲーム好き主婦の

 

             ひとりごとでした・・・

 

               f:id:ooinunohuguri:20200505131727j:plain

 

f:id:ooinunohuguri:20200505132350j:plain

 

 

 

 

f:id:ooinunohuguri:20200504161722j:plain


 

f:id:ooinunohuguri:20200504161704j:plain

 

f:id:ooinunohuguri:20200504161644j:plain

 

f:id:ooinunohuguri:20200504160125j:plain