ゲーム好き主婦のひとりごと

気の向くままに、思い付くままに書いた独りよがりブログ

好きな歌詞3 プロローグは禁断の恋?

f:id:ooinunohuguri:20200509104926j:plain


読者の皆様こんにちは。

 

何時ものように、You Tubeで好きな曲を聴いていると

「あなたがいることで」が並んでいました。

 

この曲は、ドラマ「テセウスの船」の主題歌で良い曲なのですが、

私は、Uruさんの曲では「プロローグ」の方が好きです。

 

カラオケランキングでも上位に、入っている曲です。

私もカラオケでは、絶対歌いたい曲です。

 

この曲は、Uruさんの作詞、作曲で、

歌っているのもUruさんです。

        f:id:ooinunohuguri:20200509100031j:plain

 

  Uru(ウラ)さんってどんな歌手?

 

Ureさんが世に現れたのは、2013年のことです。

 

自分のYou Tubeチャンネルを立ち上げ、新旧を問わず数々の

名曲をカバーした動画をアップし続けました。

 

そこでは歌唱だけではなく、演奏やプログラミング、動画の撮影

編集まで全てをUruさん自身が担当。

 

その動画が話題を集め、2016年6月に「星の中の君」で

デビューとなり現在にいたっています。

       f:id:ooinunohuguri:20200131103603j:plain

   中学聖日記の主題歌「プロローグ」

 

私が初めてドラマの記事を書いた「中学聖日記」の

主題歌だったのですが、ドラマのあらすじに沿った歌詞が、

切ないです。

 

中学生の男子と女教師の純愛です。

かなりありえない設定です。

 

男子生徒が、女教師に恋することは、普通にあると思いますが、

女教師が、中学生の男子生徒を恋愛対象とみることは、

実際には、ほとんどないと思います。

   f:id:ooinunohuguri:20200509095234j:plain

 

20代半ばの女教師の聖に、頭が良くて少し大人びなた明は、

『先生のこと好きになっちゃいましたー!』

『僕、もうどうしていいかわかりませんー!』

と少し離れた聖に向かって叫びます。

 

中学生の明は、自分の好きと言う気持ちを抑えきれず、

告白してしまいます。

 

そんな真っ直ぐな明に、婚約者がいるにもかかわらず聖は、

惹かれていってしまうのです。

 

「好きと幸せは、両立しない」誰に恋をするかということで、

恋をしたこで苦しむことになる・・・

このドラマを象徴した言葉です。

 

好きになっては、いけないと想えば想うほど、

どうして更に、好きになってしまうんでしょうね・・・

 

この曲は、随所に禁断の恋の歌詞があります。

こういう気持ちの入った歌詞って、

経験した人しか書けない気がします。

    f:id:ooinunohuguri:20200509100006j:plain

 

       プロローグ 

 

作詞: Uru

作曲: Uru

歌手: Uru

 

目にかかる髪の毛と かき分けた指

壊れそうでどこか 寂しげな背中

 

頼りない太陽を 滲ませながら

微笑んだその横顔 見つめていた

 

いつの間にかその全て 視界に入ってくるの

心が波打つ痛みに どうして気づいてしまったの

 

好きな人のしぐさを、一つ一つ確認するように見てしまう。

気が付くと、好きな人を目で追ってる。

痛みにも似た好きという感情・・・

  f:id:ooinunohuguri:20200509095336j:plain

 

あなたを探してる 隠した瞳の奥で

誰にも見えぬように 行き場もなくて彷徨いながら

 

どうして隠した瞳の奥なのかというと、禁断の恋だからです。

その人を見ていることを、他の人に知られてはいけない。

 

でも、その人を見ていたい・・・不倫かなぁ~・・・

   

あなたと見る世界は いつでも綺麗だった

空には一つだけ 淡く光る小さな星が残ってる

 

ここの過去形は、もしかしたら好きな人は、

星になってしまったともとれますが、違うと思います。

  f:id:ooinunohuguri:20200402111130j:plain

求めては突き放す 読めない心 

見つめられる程に 嘘がつけない

 

彼の心を求めても彼は、受け入れてはくれない。

でも、見つめられると心は嘘がつけずに、

瞳で好きと言っている。

 

力なく点滅する あの街燈を

見上げるその横顔は 優しかった

 

破れそうに膨らんで 真っ赤に熟れた果実は

誰かの摘む手を手を待っている ねえ、それは私だった

 

真っ赤に熟れた果実・・・それは自分で彼に摘まれたいと

想っている・・・熟れた果実という表現は、性的な感じがします。

心だけでなく身体も彼を、求めているということでしょうか?

  f:id:ooinunohuguri:20200509095419j:plain

 

あなたが溢れていく 抑えた胸の数だけ

隠せない「始まり」を 次から次に伝えていくよ

 

溢れる想いに、思わず何度も胸を押さえて気持ちを

抑えこもうとするけれど、

裏腹に気持ちは溢れてしまう・・・これが恋の始まり?

 

風は冷たいのに 染まった心は赤いままで

あなたに触れたいと思ってしまった 

二人どうして出会ったの

 

冷たい風の中でも燃える心・・・あなたに触れたい。

でもあなたは、好きになってはいけない人・・・

二人は、出会わなければよかったの?

   f:id:ooinunohuguri:20200509095200j:plain

 

痛くて苦しくて それなら見えないように

どこかへ飛んでいけ そう思うのに

 

痛くて苦しいほど好きな想いが辛い・・・

辛い想いから解放されたい・・・忘れたいのに・・・

 

あなたを探してる 何度も名前を呼んで

空には一つだけ 淡く光る小さな星を浮かべて

 

この想いからは、逃げたいのに逃げられない・・・

 

恋しくなって、何度も何度も名前を呼んで、辛くなって

ふと見上げた空には、恋の行く末のような、

消え入りそうな星が淡く光っていた・・・

   f:id:ooinunohuguri:20200402110611p:plain

 

いかがでしたか?

私のうっとしいくらい、重苦しい歌詞の解釈?(笑)

重苦しい性格の女だと思いましたか?(笑)

 

普段はサバサバした人も、

恋をすると別人になったりするものです。

 

カラオケで歌う時は、禁じられた恋をするヒロインになりきって、

こんな想いを込めて歌います!(笑)

 

   f:id:ooinunohuguri:20200402110440j:plain

 

中学聖日記」の中で、走り行く聖の車を、

死にそうになるくらいまで、全力で追いかける明・・・

 

ひたむきに真っ直ぐに自分に愛を伝えてくる明に、

聖は、次第に惹かれていきます。

 

しかし、二人の恋は禁じられた恋・・・

 

中学聖日記」の二人は、愛するがゆえに別れを決意します。

愛することは、相手の幸せを願うこと・・・

 

逢うことさえ禁じられた二人が思いもよらない方法で、

最後の別れをするシーンには、涙が止まりませんでした。

 

二人の最後は・・・(笑)

  f:id:ooinunohuguri:20200402110503j:plain

見返りは求めないどころか、相手の幸せだけを願う・・・純愛。

 

恋愛において打算は、当たり前?

だからこそ人は、純愛を求めてしまうのかも知れない・・・

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

      ゲーム好き主婦の

 

 

           ひとりごとでした・・・

 

 

f:id:ooinunohuguri:20200509100849j:plain