ゲーム好き主婦のひとりごと

気の向くままに、思い付くままに書いた独りよがりブログ

ドロバチたちは芸術家

f:id:ooinunohuguri:20200510211939j:plain


読者の皆様こんにちは。

私は、動物も好きですが、昆虫も好きです。

 

最近読者になったブロガーさんで、主に昆虫のことを

書かれる方がおられます。

 

その方の記事を読んでいるうちに、何年か前に、

初めて見たハチの巣ことを、思い出したので書いて見ました。

 

今住んでいる前は、3階建てのマンションの3階に住んでいました。

私は住む所は、緑の多い場所を選びます。

 

以前住んでいたそのマンションの、廊下側の前のお宅は、

古い農家で、何しろ敷地の広いお宅でした。

 

お花好きのおばあさまが、手入れされた庭には、

四季折々の色々な花が、咲いておりました。

周りは、畑や田んぼも多くある所でした。

 

ある日、買い物出ようと廊下に出ると、初めて見る物が、

廊下の壁に、2,3個張り付いています。それは、こんな形でした。

 

   f:id:ooinunohuguri:20200511083416j:plain

 

私は、田舎者なので色々な昆虫を見ていますが、

見たことないもので、ハチが行ったり来たりしているのも

見ました。

 

調べてみると、これは「トックリバチ」というハチの巣でした。

 

ハチは、イメージでは、団体で社会規律のある生活をしていると

思っていましたが、トックリバチの仲間のハチは、

一匹で行動します。

 

    f:id:ooinunohuguri:20200510091521j:plain

 

    トックリバチはどんなハチ

 

トックリバチは、ドロバチの仲間です。

ドロバチたちは、7月から~9月頃に巣を作ります。

 

ドロバチたちは、自分たちの巣に色々な昆虫の幼虫を持ち帰り、

そこに卵を産み付けます。そして、穴を塞ぎます。

 

穴をふさいだ後、親バチが巣に戻ってくることは、ありません。

 

孵化したしたハチの子は、このエサを食べて大きくなります。

そして、翌年の春、サナギになり浮化して、巣から飛び立ちます。

 

ドロバチも他のハチと同様に毒をもっているので、

やたらと巣を壊さないようにしましょう。

 

トックリバチなどドロバチは、木の中にいる虫を持ち帰ることから、

材木商の方々には益虫として、代表的なハチです。

 

      f:id:ooinunohuguri:20200510091645j:plain

 

    ドロバチとは?

 

今日は、ドロバチの仲間をいくつか紹介します。

 

見分け方は、身体や足などの模様の入り方や体や羽の色が違うので

よく見ると分かりますよ。

 

でもやはり顔は、怖い系です。(笑)

 

ドロバチの仲間では、泥で壺のような巣を作るトックリバチが

よく知られていますが、泥バチ類全体としては、

他の昆虫が空けた木の穴や竹筒などを、

巣に利用するものも多いのです。

 

泥でトックリ状の巣を作る仲間は、

ミカドトックリバチ=トックリバチ、キボシトックリバチ、

キアシトックリバチ、サムラトックリバチ、スズバチの一部、

ドロバチの一部です。

 

幼虫の食料になるものは、ほとんどの種が蛾の幼虫が多いようです。

成虫は、花にいるのをよくみかけることが多い。

 

     ドロバチを紹介 

 

オオフタオビドロバチ 1,6~1,8センチ。竹の筒などに巣を作る。

北海道、本州、四国、九州、沖縄で見られる。

 

         f:id:ooinunohuguri:20200510164621j:plain

 

 f:id:ooinunohuguri:20200510175605j:plain

 

     f:id:ooinunohuguri:20200510175632j:plain

 

 

エントツドロバチ 1,6~1,8センチ。巣は煙突状、入り口は下向き

北海道、本州、四国、九州で見られる。

 

      f:id:ooinunohuguri:20200510183639g:plain

 

     f:id:ooinunohuguri:20200510184050j:plain

 

     f:id:ooinunohuguri:20200510184112j:plain

 

フタスジスズバチ 1,5~1,8センチ。竹の筒や木材などに巣を作る。

北海道、本州、四国、九州、奄美で見られる。

 

f:id:ooinunohuguri:20200511091223j:plain

鳥の世界でも「もず」の巣に托卵する「カッコウ」のように、

他の鳥の巣に、自分の卵を産む「托卵」をする鳥がいますが、

虫の世界にもあるようで、

ちょっとびっくりするやら、納得するやら・・・(笑)

 

このムツバセイボウは、フタスジスズバチの巣に托卵するのです。

 

『自分で餌を探して、育ててよ!』と言いたいところですが、

子孫を残すのには、そういうしたたかさも必要かも・・・(笑)

 

  f:id:ooinunohuguri:20200511093901j:plain

 

 

キボシトックリバチ  1,3~1,7センチ。

北海道、本州、、四国、九州、奄美で見られる。

 

f:id:ooinunohuguri:20200510191236j:plain

 

f:id:ooinunohuguri:20200510214851j:plain

 

 

ムモントックリバチ  1,0~1,5センチ。

 

f:id:ooinunohuguri:20200510214606j:plain

 

 

オオカバフジドロバチ   1,8センチ

 

 

    f:id:ooinunohuguri:20200511103646j:plain

 

  

ミカドトックリバチ  1,1~1,5センチ。建物の壁や葉の裏に巣を作る。

トックリバチとも呼ばれます。

 

 

     f:id:ooinunohuguri:20200511103617j:plain

 

 

    f:id:ooinunohuguri:20200511103448j:plain

 

 

     f:id:ooinunohuguri:20200511105850g:plain

 

スズバチ1,8~3,0センチ。

北海道、本州、九州、四国で見られる。

 

   f:id:ooinunohuguri:20200511110626j:plain

 

 

   f:id:ooinunohuguri:20200511103519j:plain

 

 

いかがでしたか?ドロバチたちの巣作り・・・

 

本能のまま作っていると、言ってしまえばそれまでなのですが、

何度も何度も往復して、一生懸命頑張って巣作りしてる姿は、

心打たれます。

 

最初に書いた、私が以前住んでいたマンションのドロバチの巣は、

ある日、2階に住んでいた男の子の手によって、

無残にも粉々に壊されていました。

 

小学生くらいの男の子って、軽いいたずらや面白半分で、

そういうことしますよね。

 

親は、そう言う時、ハチがどれだけ頑張って、巣作りをしているか

教えてあげるべきだと思います。

 

私がいつも読んでいる、虫のお話や自然環境を主に書かれている、

ヒロタカさんのブログです。

虫好きな方は、読者になってみては、いかがでしょうか?

 

 

私の読者の方の中には、虫が嫌いな読者の方も多いのですが、

昆虫好きの私が、迷惑を顧みず書いて見ました。

 

たぶん昆虫の話次も書くと思います! 

虫嫌いの皆様、ご注意ください!

でも、 ハチってどこか美しくないですか?(笑)

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

       ゲーム好き主婦の

 

            ひとりごとでした・・・

 

 

f:id:ooinunohuguri:20200511111442j:plain

 

f:id:ooinunohuguri:20200511115048j:plain

 


 

f:id:ooinunohuguri:20200510091554j:plain