ゲーム好き主婦のひとりごと

気の向くままに、思い付くままに書いた独りよがりブログ

災害対応型コインランドリー

f:id:ooinunohuguri:20200807094545j:plain

 

読者の皆様こんにちは。

 

皆様は、災害と言うと何を思い浮かべますか?

日本では、地震、台風、集中豪雨などですよね。

 

その時に、ライフラインが止まってしまうと、本当に困ります。

 

f:id:ooinunohuguri:20200808095103j:plain

 

コインランドリーを全国展開する株式会社ジーアイビーは、

「災害型コインランドリー」を2020年7月29日に

北海道の苫小牧市に出店しました。

 

このお店は、北海道エアウォーター株式会社が、

フランチャイズとし出店しました。

 

LPガス非常用発電ソリューションを活用した、災害時の停電等にも

対応する新しい形のコインランドリーとなります。

 

f:id:ooinunohuguri:20200808143242j:plain

 

       災害対応型コインランドリーとは?

 

災害型コインランドリーは、「標準仕様」として、

3日分のLPガスタンク、ポータブル発電機への接続が可能な設備を

完備しています。

 

ポータブル発電機は、ガスを利用して発電する仕組みになっており、

ガスエアコン・照明・携帯電話充電などへの電力供給が可能です。

 

また災害時には、直接LPガスタンクから炊き出しセットや

ガスコンロをつなぐことで、温かい食べ物を

近隣住民に提供すことができます。

 

また、シャワーの利用ができる「災害拠点仕様」も

あるようです。

 

コインラインドリー市場は、共働き世帯の増加を背景とする

家事の時短ニーズの高まりや、アレルギー疾患対策として、

布団や毛布などの大物洗濯需要の増加を受け、

店舗数は増え続けています。

 

     f:id:ooinunohuguri:20200808155125j:plain

 

      ブラックアウトについて

 

災害で停電すると困りますよね。

 

ここのコインランドリーは、

携帯の充電ができるようになっています。

 

2018年9月6日(木)未明、北海道担振東部を最大震度7地震

襲いました。

 

その後に起きた北海道全体の停電、"ブラックアウト"は

TVや新聞などでも広く報じられました。

 

ブラックアウトとは?

 

ブラックアウトとは、大手電力会社の管理する地域のすべてで

停電が起きる現象(全停電)のことを意味します。

 

大きな自然災害に伴って、大規模停電が発生することは、

これまでにもありましたが、

この時は北海道全域で停電が起こりました。

 

海外においては、ある地域全体での停電でないものの、

非常に規模の大きな停電についても、

ブラックアウトと呼ばれることもあります。

     f:id:ooinunohuguri:20200808155222j:plain

 

この地震により、最大約295万戸が、道内全域で地震発生から

約11時間続きました。

 

さらに水道も最大約約6,8万戸が断水となり、トイレや飲料水の

心配をする方も多くいました。

 

地震によるブラックアウトが解消するまでに、

約50時間を費やしました。

 

北海道担振東部地震の大停電は、

地震発生から17分後に発生しています。

 

この17分の間に北海道で一番大きな発電所である

「苫東厚真火力発電所(2号機・4号機)」が停止しました。

 

電気は、電気を作る量(供給)と電気の消費量(需要)が

常に一致していないと、電気の品質(周波数)が乱れてしまいます。

 

f:id:ooinunohuguri:20200807184601p:plain

 

北海道でも、通常は、50Hz(ヘルツ)という周波数の水準が

維持されていました。

 

しかし大地震の後、需要に対する供給バランスを崩し、

電気が足りなくなって周波数が下がったことから、

大停電が実際に起こってしまったのです。

 

ブラックアウトした原因 

 

地震発生の直後のこの大停電が起きるまでの17分間を

大まかに言うと、以下のように順番で発電所が停止ています。

 

1、苫東厚真火力発電所(2号機・4号機)の停止(116万KW)

2、風力発電の停止(17万KW)

3、水力発電所の停止(43KW)

4、苫東厚真発電所(1号機)の停止(50万kw)

5、ブラックアウト発生

 

このように、供給力が段々に失われていき、

最後にはブラックアウトが起きてしまったのです。

 

苫東厚真火力発電所が止まってしまったことは、

地震震源地と近かったために、

機器の一部が壊れたことが原因でした。

 

一方水力発電は、その発電所と繋がる複数の送電線が全て

切れてしまったことが、電気を供給できなくなる原因に

なりました。

 

さらに風力発電所は、周波数が低下してしまったために

停止してしまいました。

 

このように、それぞれの発電所は、それぞれ異なる理由で停止して

しまっていたのです。

 

自然災害事例で発生した停電が、解消するまでにかかった時間です。

 

f:id:ooinunohuguri:20200808095239p:plain

 

 

今後こうした大規模停電の発生を未然に防ぐために、

政府は、各電力会社に火力発電所などのインフラ設備が

安全であるかどうかの総点検を実施するように指示しました。

               (資源エネルギー庁ホームページ引用)

     f:id:ooinunohuguri:20200808155734j:plain

 

     災害時に必要な物リスト

 

皆様は、災害の時に何が必要だとお考えですか?

最低3日分の水や食料が、必要と言われています。

 

一口に災害と言っても、地震、台風、

集中豪雨などがありますが・・・

 

災害が起こって、インフラが使えなくなって、

自宅で過ごす場合を考えてみました。

 

まず、一番必要なものは、水だと思います。

 

断水してなければ良いのですが、断水した場合は水が無いと

非常に困ります。

 

飲み水もそうですが、トイレを流す水も必要です。

ポリタンクなどに、トイレ用の水をためて置くも良いでしょう。

 

私は災害に備え、お風呂を水をかえる直前に

捨てるようにしています。

 

     f:id:ooinunohuguri:20200807094618j:plain

最近の災害で、球磨川の氾濫が起きて・・・

 

この時は集中豪雨だったので、球磨川の氾濫と同時に、

雨が想定以上に降ったことで、土砂崩れがあちらこちらで起きて、

道路が寸断され、孤立した地域がありました。

 

事前に何が必要か?必要な物を聞いたところ、

携帯トイレが一番多かったそうです。

 

私も、あるブロガーさんが準備しておいた補が良いという記事を

読んで、揃えようと思っていますが、まだ買ってないんです。

 

色々なタイプの物があるので、自分たちのニーズに合ったものを

探して用意する方が良いですね。

消臭袋に入れて、臭いを防ぎましょう。

 

携帯ラジオやモバイルバッテリー、

電池が切れても安心な手動発電ライトなども、便利ですね。

 

普段現金をあまり持ち歩かない方も、

災害の時停電で電子レジが使えない場合、現金払いになるので、

防災グッズと共に、現金もいくらか用意しておいた方が

良いでしょう。

 

北海道のブラックアウトの時は、お店の方たち、

電卓で計算して、対応されてる所もありました。

 

       f:id:ooinunohuguri:20200808155838j:plain

防災グッズ

1、飲料水 2、食品 3、照明器具 4、情報収集ツール

5、装備品 6、貴重品 7、医薬品 8、衛生用品

9、個人で必要な物 10、その他

 

1の飲料水は、スポーツドリンクやジュースもあると

気分転換になりますね。

 

2の食品は、レトルト食品、お菓子、缶詰や栄養補助食品など

 

3の証明器具は懐中電灯やLED携帯ライト、

 太陽で充電できるソーラー式充電ライトがあると、便利ですね。

 

4、情報収集ツールは、携帯ラジオ、モバイルバッテリー、

  広域避難地図、防災アプリなど

 

5、装備品として防災手帳、マスク、防寒具、雨具、タオル、

  下着、ヘルメットなど

 

6、貴重品は、現金、預金通帳、権利書、保険証、運転免許証

  印鑑など

 

7、医薬品としては、救急セット、止血バンド、常備薬、

  お薬手帳など

 

8、衛生用品は、簡易トイレ、消臭袋、水溶性ティッシュペーパー

  除菌ティッシュ、洗面用具、口腔ケア(液体ハミガキ、歯ブラシ)

 

9、個人で必要な物は、メガネ、コンタクトレンズ、生理用品

  スキンケア用品、入れ歯、入れ歯洗浄剤、

  心が落ち着くアイテム

 

10、その他として、ライター、コップ、十徳ナイフ、ラップ

  ビニール袋、アイマスク、耳栓

 

家族構成で、赤ちゃんや子供、お年寄りがいるご家庭は、

この他にも必要な物を、揃えておくと良いですね。

    f:id:ooinunohuguri:20200808162441j:plain

 

         最後に

 

近くに災害対応型のコインランドリーがあると心強いですね。

 

電気って、需要と供給のバランスが大事なんて、

知りませんでした。

 

災害時は、通話が集中して電話がつながりにくくなります。

 

SNSサービスや災害用伝言ダイヤルを上手に使って、

家族の安否を確認しましょう。

 

災害用伝言ダイヤルは、171です。

 

自分の地域の避難場所、避難経路は各市町村が作成する

「防災情報マップ」で確認して、事前にダウンロードして、

家族で共有しておくと良いですね。

 

こんな偉そうなこと書いてますけど、全然準備してませーん!

記事で書いたからには、少しづつ準備したいと思います。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

         ゲーム好き主婦の

 

            ひとりごとでした・・・

 

f:id:ooinunohuguri:20200808160049j:plain