ゲーム好き主婦のひとりごと

気の向くままに、思い付くままに書いた独りよがりブログ

中国の食の現状 「代替肉と食品ロス」

f:id:ooinunohuguri:20200925100037j:plain


読者の皆様こんにちは。

今回は、中国の食について書いてみました。

 

「代替肉」の話と「食品ロス」の話です。

 

日本も新型コロナウイルスの影響で、飲食店に行く機会などが

減りましたが、お隣の国中国でも食の環境が変わりつつあることを

紹介します。

 

f:id:ooinunohuguri:20200925111618j:plain

   代替肉の「ビヨンド・ミート」

                                    中国に工場建設

 

代替肉の記事を以前書いた時にビヨンド・ミートのことにも

触れましたが、植物由来の製造・販売を手掛ける

アメリカの企業です。

 

2020年9月8日、ビヨンド・ミートは、ブランドの牛肉、豚肉、

鶏肉の代替肉の現地生産の工場を建設することを、発表しました。

 

同社は浙江省の嘉興経済技術開発区に二つの工場を

建設する計画で、うち一つは世界最大級かつ技術的に最先端の

代替肉生産施設になるようです。

 

ビヨンド・ミートは中国市場への本格進出に向けた動きとして、

2020年7月1日にはアリババ傘下の生鮮スーパー「フーマ」と

提携し、上海市の50店舗で主力製品の「ビヨンドバーガー」

の販売をスタートしました。

 

              f:id:ooinunohuguri:20200925111543j:plain

 

    代替肉が中国で注目される理由

 

アメリカで普及し始めた植物性たんぱく質を原料とする

「代替肉」が中国で注目される理由として、

 

1、アフリカ豚熱(ASF)の感染拡大による豚肉不足

 

2、若者や富裕層の健康ブームを背景に、

  スタートアップ企業が誕生。

 

  先行する同業他社としのぎを削っている。

 

原料は大豆やえんどう豆由来のたんぱく質で、

豚と牛の風味の代替肉を展開しています。

 

餃子などは、代替肉とは分からないほどの出来のようです。

 

ニュースでの代替肉の試食は好評でした。

 

また、ザリガニを代替にして、海老の代わりに料理に使うことも

紹介していました。

 

日本でもモスバーガーが代替肉のハンバーガー「グリンバーガー」を

2020年5月21日より販売を始めています。

 

f:id:ooinunohuguri:20200925101127j:plain

 

       「食べ残し禁止」

 

日本でも以前から、食品ロスをなくそうという

呼びかけがありますが、中国では禁止という指示がでました。

 

習近平国家主席が出した飲食浪費を戒める

「食べ残し禁止」です。

 

7年前の2013年にも習主席は同じような支持を出して、

国民に浪費を戒めるように求めましたが、

十分に徹底されませんでした。

 

この支持を受けてレストランでは、早速メニューを改善したりして

食べ残しない飲食モデルの導入を始めました。

           f:id:ooinunohuguri:20200925112550j:plain

 

         改善策

 

バイキング形式や一本単位

自分が食べきれる分だけの料理をとる、バイキング形式を導入したり、

料理のサイズを小さくしたり、羊肉のスペアリブも、

1本ごとで注文できるようにしたりしています。

 

グラム売り

オンラインのテイクアウトでは、グラム単位での計り売りを提供したり、

付け合わせの野菜などのバランスを考えた、

1人分のセットメニューを用意したところもあります。

 

人数より減らした注文

大皿料理が中心のレストランでは、「Nー1」「N-2」という

注文の仕方を提唱しています。

 

これは食事する人数よりも一人分や二人分減らした量の注文を

提唱するやり方です。

 

そして、足りない分は追加注文をしてもらうというやり方です。

 

                       f:id:ooinunohuguri:20200925113811j:plain

 

体重に応じた料理の量

また体重に応じて料理の量を変えるレストランなども、

登場しています。

 

レストランに入るとまず体重を計られ、

その体重に応じたカロリーと量を客に提供することで、

過剰な注文を減らしてもらおうという考えです。

 

食べ残しに罰金

湖南省長沙市にある市直属機関の食堂の

バイキング形式レストランでは、食べ残しが125グラムを

超えた場合1元(約15円)の罰金を食費カードから引かれる決まりに

なっています。

 

                         f:id:ooinunohuguri:20200925113231j:plain

 

           中国のフードロス問題

 

こうした取り組みの背景には、

中国の深刻なフードロス問題があります。

 

中国は毎年食料備蓄、運輸、加工のプロセスにおいてだけでも

3500万トンのフードロスが起きていると推計されています。

 

国家統計局重慶調査チームが2015年にまとめたレポートの

推計によると、レストランなどの食卓上で消費する

飲食のフードロスは、毎年5000トンに上り、

これは3,5億人を一年養える量になると言います。

 

特にフードロスが多いのが、大型飲食店、ツアー客、

小中学校における給食、職場の食堂など集団飲食の現場で

廃棄率が高くなっています。

 

    f:id:ooinunohuguri:20200925113702j:plain

 

      中国における食のおもてなし方法

 

中国は「民は食をもって天となす」という言葉があるほど、

元々食べることを大事にするお国がらです。

 

21世紀に入って、生活が豊かになるにつれて、

食料の大切さの感覚が薄れてきたようです。

 

中国の方々は、食事を提供しておもてなしをする際、

足りないということがないように、多めに注文するという

習慣があるようです。

 

食べきれない量の料理でもてなすのが当たり前、

結婚式などの宴席などは、最たるものです。

 

このこともレストランなどの食べ残しに、

繋がっているようです。

            f:id:ooinunohuguri:20200925114355j:plain

           なぜ今なのか?

 

今年は新型コロナウイルスの影響や、未曽有の大水害などで、

中国では食品物価が高騰中です。

 

長期的には、農耕地の現象や気象変動による食料供給リスクを

抱えています。

 

とはいえ、中国が食料不足になっているわけではありません。

 

統計を見ても、主食である米、小麦、トウモロコシの自給率

去年も98%でした。

 

中国は、主食の穀物は基本的に自給を達成していると言うものの、

輸入に頼らざるをえない農産物もあります。

 

その代表が大豆です。

実に消費の85%を輸入に頼っています。

 

主な輸入国は、ブラジル、アメリカ、アルゼンチンです。

いずれの国も新型コロナウイルスの感染の影響が、深刻な国です。

 

このうちアメリカとの関係は、「国交樹立以来、最悪の関係」

なのは皆様もご存知の通りです。

 

もしもこれらの国々から輸入がなくなれば、

中国の食糧事情への影響は甚大です。

 

中国でもし深刻な食糧不足が起きれば、

共産党政権の統治を揺るがす事態に、発展しかねません。

 

こうした懸念から、

中国全人代常務委員会法律工作委員会制法室では、まずは

レストランにおける、飲食浪費行為を強制的に取り締まる立法の

準備にかかっていると、言われています。

 

              f:id:ooinunohuguri:20200925114328p:plain

    不確実性の時代へ

 

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界的な食糧供給に

不確実性が高まりました。

 

14億の人口を抱える中国の食品問題は、

世界の食料問題に直結します。

 

当然日本も影響を受けることが考えられます。

 

食品ロスを防ぎ、自国の食料をしっかり確保することで、

外国への依存を減らしていこうという狙いが、

中国にはあると考えられます。

 

ooinunohuguri.hatenablog.com

  

        最後に

中国は農業が盛んなので、食物自給率は高いと思っていましたが、

農作物によって・・・大豆などは、85%が輸入とは意外でした。

 

その大豆を使った代替肉を生産している、

アメリカのビヨンド・ミートが中国に進出してきました。

 

f:id:ooinunohuguri:20200925111655j:plain

 

ライバル企業と言われているインッシブル・フーズは、

中国市場への参入への意欲があるのに実現していないのは、

同社が使っている大豆由来の添加物の承認が、

まだ降りていないからです。

 

大豆を85%も輸入している中国に、大豆で作った代替肉を

中国で展開しようとするアメリカ企業したたかで面白いです。(笑)

 

代替肉は、日本でも浸透していくと私は思っています。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

 

        ゲーム好き主婦の

 

             ひとりごとどした・・・

 

f:id:ooinunohuguri:20200925102302j:plain